オフィシャルブログ

「言葉は心」(新里侑也)

2019.07.18

新里平素は大変お世話になっております。今回ブログを担当させいていただくことになりました法学部法律学科2年の新里侑也です。拙い文章ではありますが、最後までお読みいただけると幸いです。

いきなりですが、私は今このソッカー部で前例のない挑戦をしています。何だか格好付けた言い方になっていますが、一応本当のことなので。それは選手としてソッカー部でプレーをしながら付属校である慶應義塾中等部のコーチも兼任するという挑戦。プレイヤー兼コーチの二刀流です。正直、相当な自覚と責任を必要とする、大変な挑戦であると言えますが、プレイヤーとコーチそれぞれの立場を主観的、客観的に見る状況を行ったり来たりすることが出来、面白く、また、学びの多い充実した日々を送っております。

さて、サッカーというチームスポーツにおいても、コーチとして何かしらを指導する時においても、いやまず現代社会を生きる上で、コミュニケーションは絶対的な要素となります。そこで重要となってくるのが一つひとつの言葉。状況に応じて言葉を柔軟に使い分けられるかどうかが、伝える力を左右させるのではないかと日々考えています。こんなことを考えるキッカケとなった、自宅の日本間に飾ってある、とても素直な気持ちを詠った詩があります。

一つの言葉で喧嘩して
一つの言葉で仲直り
一つの言葉で頭がさがり
一つの言葉で笑い合い
一つの言葉で泣かされる

初めてこの詩を見た時、まさにその通りだと強く印象に残ったのを覚えています。ふと思い返せば自分の何気ない一言が相手を勇気付けたり、逆に相手を傷付けてしまったりなんてこともあったりなかったり。日本では昔から「言霊」という言葉が使われてきました。これはご存知の通り、言葉には魂が宿っているという意味で、言葉にした瞬間からその言葉に生命が生まれ、そのことが表現されると考えていたそう。その生命が聞く人の心に響いていくのでしょう。この詩を読むと、まさにその言葉の持つ力に気付かされます。

シーズンが始動した日、テソンさんが仰っていた、Iリーグ1部昇格という島に向かって「皆で同じ方向向いて船を漕ごう」という言葉。とてもしっくりきたのを覚えています。この言葉は間違いなくCチーム全員の心に響き、そしてこの言葉が元となり、自然とチームの中で一体感が生まれてきたのでしょう。チームスポーツにおいて一体感とは必要不可欠なもので、前期1試合を残して5勝2分という結果は悪くありません。根本にそのテソンさんの言葉があり、それによって生まれた結果であると言っても過言ではないでしょう。
やはりここでも言葉の持つ力に改めて気付かされます。そしてまた、一体感とは自然に作られていくもので、無理矢理作るものではないのだということも改めて感じました。

最後に、学び多い選手兼コーチという立場をやらせていただいていることに感謝し、また、一つの言葉には一つの心があるということを心に留めて、日々生活を送れたらなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。今後共、ご支援ご声援の程何卒宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月4日(日) 関東リーグ戦 第9節 vs東海大学
@RKUフットボールフィールド 18:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ