オフィシャルブログ

「目標」(加藤翔生太)

2019.05.10

加藤平素より大変お世話になっております。今回部員ブログを担当させていただくことになりました経済学部1年の加藤翔生太です。自分の担当と分かってから今まで何を書こうか迷っていましたが、入学してから間もないこともあり、自分が何の為に大学でもサッカーを続けているのか今一度見つめ直す良い機会だと思ったので、入部を決意した経緯と4年間の自分の目標について話したいと思います。初めてのブログで拙い文章ですが最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

高校1年生の時、先輩方が創部以来初となる全国大会出場を決めました。その姿は自分にとって憧れでありそれはすぐに自分の目標となりました。2年生になり、自分もインターハイや選手権の予選に出るようになりましたが、結果は理想とは程遠いものでした。3年生になり、最上級生として一生懸命努力したつもりでしたが、夏休みにトップチームから落とされました。高校選手権で全国大会に出ることを目標にしてやってきたのに試合に出られず仲間が戦っているのを外から見ているだけ。3年間切磋琢磨してきた仲間と最高のチームの直接的な力になれなかったこと。自分が高校3年間をかけてしたことがこんな結果で終わってしまったことが本当に悔しかったです。こんな辛い思いをさせるサッカーが当時は嫌いになってしまい、辞めることも考えていました。

引退してからの約3ヶ月間、大学でもサッカーを続けるか本当に悩みましたが最終的に私は入部を決意しました。理由はサッカーをしていない間に、自分はやっぱりサッカーが大好きだということに気付いたからです。4歳から始めてほとんど休むことなく毎日やってきたのがサッカーで、今ではサッカーの無い生活が考えられないような感じです。大好きなサッカーで誰にも負けない為にもサッカーを続けて今までお世話になった方々に結果という形で恩返しをし、ライバル達を見返す為にサッカーを続ける選択をしました。また色々な経験がで出来る慶應義塾大学ですが、それ以上にサッカーを続けて先輩や同期との繋がりをより強く、そして自分達が主体となって何か成し遂げることで得られる経験が貴重だと考えました。

話は変わりますが、私の大学4年間の目標は「関東大学リーグ、早慶戦に出て活躍する」ことです。その為にはまずトップチームに上がりレギュラーを掴み取らなければなりません。その第一歩として先日行われたIリーグの出場が良い経験となりました。自分が大好きなサッカーで負けない為に、文句を言わずサッカーを続けさせてくれている親や設備、環境を整えて下さる方々への感謝を忘れず、4年後ソッカー部に入って良かったと思えるように日々努力していきたいと思います。

拙い文章ではありましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。これからもソッカー部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5月19日(日) 関東リーグ戦 第6節 vs拓殖大学
@拓殖大学グラウンド 13:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ