オフィシャルブログ

「NEURO HACKS」(渡辺亘祐)

2019.05.01

渡辺亘平素より大変お世話になっております。法学部政治学科4年の渡辺亘祐です。

ある書籍に関する記事で見つけた”NEURO HACKS”(ニューロハックス)という「成し遂げる力」を高める方法を紹介させていただきます。今この部に必要なこと、私自身に必要なことではないかと感じました。少しでも共感してくれる部員がいれば幸いです。

世間一般では、「行動を続けるには、まずそのことを頭で考えなければならない」と思われている。だが、それは発想が逆なのだ。つまり、まず小さな行動を起こし、それを頭で認識することによって、行動を続けられるようになる。
(中略)
例えば、“親切な人になりたい”と頭で考えるのではなく、困っている人を実際に助けてみる。そうすることで、親切な人になれる。そこで作られた自己認識によって、親切な人であり続けることは簡単になる。
(中略)
ニューロハックスは、次の2つの心理的プロセスによって人の行動を継続させる。
①人は、誰かに強いられることなく自ら選択して何かをしている時、それを重要な行動だとみなす。
②人は、過去の行動を振り返ることで自らのアイデンティティを形成する(自己イメージの一部となった行動を続けようとする)。
( https://toyokeizai.net/articles/-/277181?display=b 敵を友人に変える「ニューロハックス」の威力、ショーン・ヤング:カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部教授)

先日、人間性に関する話を全部員が聞いたと思う。自分を変えていく為には、まずは行動する事から始めるべきなのではないだろうか。現在、部として抱えている問題に対して、各々が考えて議論することも大切だが、まずは部の為に行動することが、自分自身や部全体に対して何か変化をもたらすはずだ。その際には、上記の①の通り、受動的ではなく主体的に行動することが大事である。ピッチ内ではもちろんのこと、ピッチ外においても応援や仕事など、実践する機会は多くあるはずだ。

まずは私が最上級生として、模範となる行動をしていきます。

また、先程の抜粋部分以外にも、自分の視点で考えながらこの書籍や記事を読むと、自分自身の行動を見直す良いきっかけになると思います。(私にとっても日々の行動を見直す良い機会になりました。) 自分の現状を考え、行動するきっかけとなれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後ともソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5月2日(木・祝) 関東リーグ戦 第4節 vs東京国際大学
@埼玉スタジアム2002 第2グラウンド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ