オフィシャルブログ

Day3(長谷川友己)

2019.03.11

長谷川 平素よりお世話になっております。
新2年の長谷川友己です。
今回は3月8日から始まったドイツ遠征3日目について書きたいと思います。

ドイツ遠征3日目は午前中、オランダのユトレヒトへ観光しに行きました。ユトレヒトの街では雨が降っているにも関わらず、傘をさしている人は少なく、自転車に乗っている人が沢山いました。街中には車道、歩道に加えて自転車専用の道路があり、車よりも自転車の方がよく見られ、ドイツとはまた少し違う経験が出来ました。また、日曜日だからか、開店時間が遅いお店がほとんどで、12時を過ぎた辺りからやっと街が動き出し始めました。

午後はエールディビジ第25節、フィテッセvsフェイエノールトの試合をフィテッセのホームスタジアムのヘルレドームで観戦しました。ヘルレドームは世界でも珍しい開閉式ドーム型スタジアムであり、サッカーだけでなくライブ等も行われるスタジアムです。ピッチ脇には車椅子の方の為の観戦スペースもありました。昨日のドルトムントのホームスタジアムとは違ってそれ程大きくはないスタジアムでしたが、ピッチに近い席で球際の迫力や選手の大きさを間近で感じられて、とても貴重な体験を出来ました。

明日からいよいよTRや試合が始まります。ドイツやオランダの選手は体が大きく、個人としての身体能力は確実に自分は劣ると思います。身体能力が劣っていても、どのようにその差をカバーしていくか、また、自分の何が通用し、何が通用しないのかを一つひとつ明確にしていきたいと思います。
最後に、このような大変貴重な経験を得ることの出来る環境を整えて下さった関係者の方々、また、文句を言うことなくこの遠征に自分を送り出してくれた両親に感謝して、これからのトレーニング、試合に全力で取り組んでいきます。