オフィシャルブログ

自分の信念を曲げないこと(直木希翔)

2018.11.20

直木平素より大変お世話になっております。生まれ変わったら、彼のようになりたかったと思ってしまうほど尊敬している岩崎湧治から紹介に預かりました商学部4年直木希翔です。湧治とは普段から仲が良く、4年早慶戦で一緒に出ることが出来なかったことは心残りの一つです。最後の関東リーグでは、素晴らしいプレーを見せてくれることを信じています。

さて、ソッカー部人生ラストということで、この4年間を振り返り、自分にしか書けないブログを書こうと考えた結果、とても恥さらしな内容になってしまうと思います。ですが、最後まで読んで頂けたら幸いです。

私は「大学4年間どんなことがあってもやり切る」という信念を持って、この部活に入部しました。しかし、現実はとても厳しく、辛いものでした。
まず、1年生の頃はほとんどボールを使わず、毎日グラウンドに走りに来て、グラマネには辞めたほうがいいと言われ続けました。走りのメニューになかなか入れなくて、練習に参加出来ないこともありました。4年生の先輩から「4年間やりきるのは辛いから辞めたほうがいいよ」とよく言われました。
2年生の頃は、自分が寝坊してしまったことがきっかけで、学年ミーティングでほとんどの同期に辞めてくれと言われました。その時、自分を守ってくれる人は誰一人としていませんでした。その後、3ヶ月間毎日全チームの練習に参加し、取り返しをしました。ときには始発で日吉に来て、終電で帰ることもありました。人生でこの3ヶ月よりも辛い3ヶ月はないと思います。先輩から「よくこんなに辛いのに辞めないね」と何度も言われました。
3年生の頃は、一番下のカテゴリーでもほとんど試合に出してもらうことが出来ず、グラマネからは正直実力的に厳しいから辞めることを勧められました。
4年生の春の遠征では、キャプテンマークを巻き、気合いが空回りしすぎて、チームメイトに対して罵倒し続けてしまい、グラマネから「最悪のキャプテンだった」と言われてしまいました。

こうした経験から誰よりも部活を辞めようか考えた時間も長いと思います。試合に出た時間より長いかもしれません。そのように考える度に初心に帰りました。人に言われたから自分の信念を曲げても良いのか、辛いから辞めてしまってもいいのかと自分に問いただしました。もしかしたら、途中で部を辞めて、他のことに時間を注いだほうがよかったかもしれません。しかし、今改めて自分は辞めなくて良かったと思っています。なぜなら、この辛い経験に対して、自分の信念を曲げずに取り組んだことがこれからの人生の財産になっていくと思えるからです。後輩はこれから辛いことがたくさんあると思います。どんなときでも自分の信念を曲げず、必死に食らいついてほしいです。そうすれば、乗り越えた先にきっと何かが残ります。その経験が素晴らしいものになると思います。

また、とても愉快で楽しい最高の同期や、こんな僕でも慕ってくれる後輩、自分が辛いときに励ましの声をかけてくれる先輩に出会えたことは一生の宝です。
今年の早慶戦で皓夫が点をとり、等々力競技場でみんなと抱き合った瞬間、
四年早慶戦で同期のみんなとプレー出来、鹿島のアシストから牛岡が点をとり、部員全員で喜び合えた瞬間、
これらは一生忘れられない思い出になると思います。
最後になりましたが、この4年間たくさんの人に迷惑をかけてしまい、本当にすみませんでした。
こんなに下手くそな僕が大好きなサッカーを続けることが出来、幸せでした。
同期、後輩、先輩、家族、応援してくれた人達、本当にありがとうございました。

次にブログを託すのは、我らがアイドル浜田真帆です。多くのサッカー選手を虜にしてきた敏腕マネージャーです。そんな真帆のブログにみなさん魅了されること間違いなしです。乞うご期待ください!!

《NEXT GAME》
11月24日(土) 関東リーグ戦 最終節 vs神奈川大学
@柏の葉公園総合競技場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ