オフィシャルブログ

見たこともない景色(岩崎湧治)

2018.11.19

岩崎2今回のブログを担当します商学部4年の岩崎湧治です。4年ブログリレーのバトンをちびれおこと小山怜央から渡されたことに、何かの縁を感じています。同期のみんなが書く素晴らしいブログの数々。それによって、4年間の様々な出来事が思い出され、大変感慨深い気持ちになっています。
引退を1週間後に控えたこのタイミングでブログが回ってきたこともあり、私は、私の人生に大きな影響を与えた「サッカー」そのものと向き合ってみようと思います。

私は「キャプテン翼」の大空翼に憧れ、小学校にもサッカーボールを蹴って通い、サッカーボールと一緒に眠るサッカー小僧でした。(登校初日に先生に怒られ、禁止されてしまいましたが。)
サッカーは、いつも私のそばにいました。
幼稚園からずっと飽きることのなかったサッカーの魅力とは何なのでしょうか。

きっと、子供ながらに楽しかったからです。友達と共に心から笑い合える「なにか」であれば何でもよかったのだと思います。それが私にはサッカーでした。しかし、サッカーだからこそ、大学生の今に至るまで続けてきたのだと思います。
サッカーは楽しいものです。豪雨の中、残留争いの東洋戦で取ったゴール。試合に出られず苦しんでいた自分が活躍したことで、心から喜んでくれた同期。勝利の喜び、ゴールの歓喜の瞬間、サッカーには沢山の感動があります。

しかし、大学に入って多くの困難がありました。試合に出られない、試合に勝てない、サッカーは楽しいだけじゃないことを突きつけられました。プロサッカーを目指す自分にとって、人生の中心がサッカーの私にとって、それは苦しすぎる瞬間でした。深い泥沼の奥底にいるような感覚。ここから抜け出すことは出来るのだろうかと、何度も何度も悩み、もがきました。
しかし、この困難を乗り越えた時の景色を、私は一生忘れません。悔しさを知っているからこそ、喜びは大きくなります。簡単にいかないからこそ、強くなれます。サッカーは、私たちが苦しい時こそ何が出来るか、辛い時にそれをどう考えられるか、ということを教えてくれました。
サッカーという「なにか」がなければ、ここまで悩むこともここまで喜ぶこともなかったと思います。
本当にサッカーに感謝しています。

僕ら4年生は、1週間後には多くの人がサッカーを引退します。様々な辛いことがあって、何度も逃げ出したくなって、それでも大好きで続けてきたサッカーをやめることになります。
サッカーをやめても、僕はサッカーが大好きだと思います。どこか公園でサッカーをしてる子供達を見ると嬉しくなって、サッカーの話題になるとおしゃべりになって。
サッカー小僧だった僕は、いつしかサッカーが大好きな立派な大人になります。
僕の学生時代をサッカーに費やせて、僕は幸せでした。

夢とは、感動とは一瞬です。一瞬の喜びのために来る日も来る日も汗を流します。いつの日か来る、笑顔いっぱいの自分をイメージして走り続けます。
後輩たちには、ギア全開で走り抜いてほしい。途中でガソリンが切れても、ゴールまで届かなくても。思いっきり走り抜けて、死にたくなるくらいの苦難を経験して。そうして、僕らはサッカーを通して大人になっていくのだと思います。
苦難を乗り越えた先に見える景色は、きっと一生の宝になります。僕らが見たくても見れなかった景色を自らの手で掴んでください。

そして、最後に。僕らの主将松木が、来年からプロサッカー選手になります。写真は、僕がゴールを決めた時のものですが、松木がゴールを決めたかのように、満開の笑顔で喜んでくれています。
今度は僕の番です。松木が岡山で、日本代表で決めるゴールを心から喜びたいと思います。
S__10551512

 

 

 

 

 

 

次回のブログは、誰よりも深い泥沼から這い上がった男「直木希翔」です。仕事で応援でチームに貢献し続ける彼らしさ全快のブログを期待したいと思います。

《NEXT GAME》
11月24日(土) 関東リーグ戦 最終節 vs神奈川大学
@柏の葉公園総合競技場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ