オフィシャルブログ

幸せなサッカー人生(井出悠介)

2018.11.01

井出平素より大変お世話になっております。私が22年生きてきてこんなにも面白い人はいないと感じた大勇からバトンを受け継ぎました、環境情報学部4年の井出悠介です。大勇にはピッチ内外で笑顔にさせてもらいました。

私は幼稚園からサッカーを始めて今年で17年目になります。中でも慶應ソッカー部で過ごした生活では本当に自分は恵まれているんだなと実感することが多く、幸せなサッカー生活が送れていると心の底から思いました。そこで、今までのソッカー部でのエピソードを振り返りたいと思います。

1つ目はリサーチの存在です。ソッカー部では相手チームを分析するリサーチという部門があり、相手チームの試合を撮影したり、泊まり込みでスカウティング発表の準備を行います。私自身サイドバックという守備を重視されるポジションにも関わらず、守備が私のウィークポイントでした。そのような状況でリサーチのメンバーと一緒にマッチアップする対戦相手の特徴を映像を使いながら研究することによって、自分のウィークポイントを最小限に抑えることができ、試合に出場し続けることができていると思います。特に早慶戦では関東リーグ前期11試合の情報を参考に早稲田のエースである相馬選手の対策を入念に行ったことによって早稲田の攻撃の形を封じることができたと思います。リサーチはソッカー部での強みであり、大きな戦力です。

2つ目はフットサル部門との出会いです。私が3年生の頃、トップチームに所属していたものの試合に出場することができていませんでした。そこでフットサル部門との出会いがあり、私のサッカー人生が大きく変わりました。四戸監督をはじめ、フットサル部門のメンバーが温かく私を迎え入れてくれ、関東リーグや全国大会と貴重な体験をさせていただきました。競技は違うものの全国大会準優勝や日々のサッカーとフットサルの2部練習は技術向上や自信につながり、サッカーにおいても関東リーグ出場や早慶サッカー定期戦出場など、私が目標としていた舞台でサッカーをすることができました。また、下級生の中でフットサル部門の入部に迷っている部員もいると思いますが、現況を打開するひとつの選択肢になると思います。怪我のリスクやコンディション面で気になることは多いかもしれませんが、四戸監督のもと行われるフットサルでは得るもののほうが多く、サッカーにおいてもフットサルにおいても成長できると自信を持って言うことができます。

3つ目は仲間と過ごした4年間です。ありがちなワードかもしれませんが、私が幸せなサッカー人生であったと言い切れるのは間違いなく仲間のおかげだと思います。部員のみんなをはじめ、私の想いに真剣に向き合ってくれた監督のとみけんさん、怪我の多かった私をいつも治療してくれたトレーナーの三浦さん、最高の早慶戦を作り上げてくれたスタッフやマネージャー。全ての仲間がそれぞれに悩みを抱えているなかで切磋琢磨し合いながら己を高めていく経験は今後の社会人生活でも活きるものだと感じました。

3つのエピソード挙げましたが、この大学4年間で数えきれないほどの素晴らしい経験をさせてもらいました。そこでこの場を借りて私のサッカー人生に関わってくれた全ての人にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。11月25日でこの部を引退することは寂しいですが、残りの短い期間、大好きなサッカーを全力で行い、後輩たちに笑顔で襷を繋げるように努力します。
と意気込んでいたものの本日の練習で怪我をしてしまいました。人生いつなにが起こるか分かりません。復帰への望みがある限り、最後まで諦めず、リハビリに励みます。

拙い文章となりましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
次は、サッカーも頭脳もキレキレなありしゅんこと有本峻です。どんなブログを書いてくれるのか、ご期待ください。

《NEXT GAME》
11月4日(日) 関東リーグ戦 第19節 vs日本体育大学
@Shonan BMW スタジアム平塚 11:30キックオフ
★集中応援日となっております★

記事一覧

月別アーカイブ