オフィシャルブログ

潰えた夢とラストチャンス(堤惠杜)

2018.10.11

堤ここ3日間、寝るために横になると発生する原因不明の咳のせいで、ハンパない睡眠被害を受けています。いやほんと何なのこれ。申し遅れました、商学部4年の堤惠杜です。突き出た顎が特徴的で常に前髪をいじっている、「アゴレオ」こと中島玲央からバトンを受け取りました。いよいよ最後のブログの時間です。

前置きが長くなって申し訳ないのですが、実は「恩師」というタイトルで、ある人について綴ろうと思っていました。その人物とは、趣味は読書と筋トレ。「あさみ、ささみを食べる」こと浅海友峰(社会人コーチ)さんです。今回は人物紹介だけにしておきます。そろそろ不真面目系なブログを期待していた方々、申し訳ありません。誰かがぶっ飛んだブログを書いてくれることでしょう。私は自分のサッカー人生を振り返ります。最後までお付き合い頂けたら幸いです。

サッカーを始めたのは4歳の頃でしょうか。これまでの人生の大半をサッカーに費やしてきました。多くのことを犠牲にし、大学生活もサッカーに捧げました。しかし、サッカーの神様は未だに微笑んでくれません。むしろ残酷な結果ばかり私に与えてくれます。

「これまで何のために頑張ってきたんだろう」

中学高校と最後の大会が終わり、目標としていた全国への道が絶たれた時、何度もそう思いました。本気で何かに取り組んで、自分の納得する成果を出せなかった経験がある人にとっては、何となく共感してもらえる気持ちではないのでしょうか。
中学時代から「全国大会でプレーする」という強い気持ちを持って、誰よりも練習してきました。

いつかきっと、自分の努力が報われることを信じて。しかし、そのいつかは訪れませんでした。夢が絶たれて、様々な想いが込み上げてきます。一番込み上げてくるものは、「後悔」という感情でした。目標に向かって、日々本気でサッカーと向き合ってきたはずなのに、その日々に対して後悔を抱く。もっとこうしてればよかったんじゃないか、ああしてればよかったんじゃないか。そして本気になればなった分だけ、結果が出なかった時の後悔は大きく、どこにもぶつけようのない悔しい気持ちも込み上げてきます。人一倍努力してきたのに、何も成し遂げることのできない自分が情けなくて、悔しくて、惨めでした。こんなに悔しい思い、後悔をするのであれば頑張らなければよかったとも思いました。

それでも、このまま自分のサッカー人生を終わらせたくはありませんでした。そして何より、これまで自分のことを応援してくれた家族に、サッカーで恩返ししたかった。あと4年間、チャンスがあるのであれば、頑張ってみようと思いました。そんな想いもあり、大学でもサッカーを続ける決意をしました。
しかし、サッカーの神様は試練を与え続けます。現実はそんなに甘くありません。一番の試練は、退部危機事件でしょうか。私のソッカー部生活での思い出でもあります。2年の冬、ようやくつかんだトップチーム初昇格。しかし1ヶ月もしないうちにBチームに落とされ、そのまま3年目を迎えました。すぐにトップに戻ってやると意気込んでいたのですが、Bチームでも試合になかなか出れず、メンタルブレイクしました。

自分のこれまでのサッカー人生は何だったのだろうか。今まで積み重ねてきたものが崩れ去っていきました。こんなことでくじけている場合じゃない。そんなことはわかっているけど、「これ以上頑張っても無理かもしれない」と初めて自分の限界が見えてしまったような気がして、ずっと続けていた自主練もやめました。練習にはもちろんしっかり取り組んでいました。ただ何か、サッカーに対するモチベーションが無くなっていくのを感じました。そして3年の冬。忘れもしないあの日。自分の立場が危ういことなど全く知らずミーティングに出向き、スタッフから除名宣告を受けました。つまり、この部を辞めてくれと言われました。果たして排除されるほど自分はヤバかったのかと、今でも疑問に感じますが、そのようなこともありました。(ちゃんと反省しています。)ちなみに、私の他にもう1人除名宣告を受けました。そしてついに、彼が戻ってくることはありませんでした。

4年目。ラストシーズン。全国につながる公式戦は全て終わり、ついに「全国大会でプレーする」という目標を達成することはできませんでした。早慶戦にも出場できませんでした。今振り返れば、それは当たり前です。凡人である自分、努力することが唯一の取り柄であった自分が、努力することをやめてしまったのですから。多くのことを犠牲にしてきたのにも関わらず、大好きだったサッカーで何も成し遂げることができませんでした。

時が経つのは本当にあっという間で、自分のサッカー人生も終わりが近づいています。しかしこのタイミングで、サッカーの神様が最後のチャンスを私にくれました。つい昨日、トップに上がることができました。全国の舞台はもうないけれど、関東リーグに出場できるチャンスはあります。正真正銘のラストチャンスです。チームのために闘います。どんなに不恰好でも、最後まで泥臭く走り抜けます。そして関東リーグでのゴールを、家族に届けます。今達成することのできる最高の結果を残します。最後くらい、笑って終わろうと思います。

何だかんだ、自分はサッカーをやってきてよかったです。社会人になれば、死ぬほど悔しい思いをすることも、ここまで熱くなれることも、こんなに刺激的な日々を送ることも、苦しさを乗り越えた先にある仲間と最高の歓喜を味わうことも、なかなかないでしょう。サッカーは自分に様々な経験を与えてくれました。本当に何が起こるかわからない、面白いサッカー人生でした。最後に必ず関東リーグという舞台を経験してきます。

自分でも何を伝えたいのかよくわからないブログとなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。もし何か感じとってもらえたのであれば、嬉しい限りです。

次のバトンはSFC高期待の星、風間真哉の手に渡ります。1年目は1番下のチームで死ぬほど走らされていた彼も、4年目にはトップチームでプレーしています。これ以上ない困難を乗り越えた彼は何を語ってくれるのか、非常に楽しみです。皆さんもご期待ください。

《NEXT GAME》
10月14日(日) 関東リーグ戦 第16節 vs青山学院大学
@日本体育大学グラウンド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ