オフィシャルブログ

指導者の方々と、部員への感謝(鈴木夏海)

2018.10.04

鈴木夏平素は大変お世話になっております。中学生の頃から10年来の友人である赤間から雑な紹介を受けた、商学部4年の鈴木夏海です。

最後のブログということで、指導者の方々と部員への感謝を書いていきたいと思います。

私はソッカー部での4年間で、多くの指導者の方々に出会いました。その中で大きく感銘を受けた4人について書きたいと思います。

1年生では、グラウンドマネージャーの川原さん(H29卒)に練習を見ていただきました。当時のC2チームは公式戦に出場しておらず、練習試合もほとんどありませんでした。その中で毎日倒れそうになるくらい厳しいトレーニングメニューを行っていました。それに加え、川原さんからは言葉でもかなり厳しく指導をいただきました。当時は下田のグラウンドに行くのが憂鬱になるほど、精神的に追い込まれる環境でした。これは今でこそ思うことですが、これらの経験は自分を大きく成長させてくれました。ソッカー部員として、また一人の人間として、大切な心構えを学ぶことが出来たと思います。

2年生では、グラウンドマネージャーの内山さん(H30卒)の指導を受けました。内山さんの指導は技術的且つとても的確なものでした。私自身、この1年間が最も技術面において成長出来たのではないかと思います。また、新しいポジションへコンバートしてもらったこと、そして1年間試合で使い続けてもらったことは感謝してもし切れません。

4年生の前期では、元日本代表の戸田コーチから教えていただきました。戸田コーチは将来的にプロのクラブの指導者を目指されていることもあり、サッカーの戦術的な知識は今まで出会った指導者の中でも群を抜いていました。非常に細かいポジショニングの修正や、試合中の様々な場面を想定したプレスの掛け方など、多くのことを学びました。その中でも戸田コーチから一番感銘を受けたことは、準備の大切さについてです。解説者としてのお仕事もあり、とても忙しい戸田コーチですが、いつも練習に向けて、細かい書き込みをしている紙を用意してきてくださることや、練習や試合に来られない場合は、その様子をビデオカメラに録り、それを合間を縫って必ず見てきてくださります。そして気付いたポイントを次の練習の際に指導してくださるのです。「全力で取り組む」ということは、ただその時に全力を尽くすということではなく、これ以上ない程の準備を行った上で本番で全力を尽くすのだということを学びました。

2年生の時に発足したフットサル部門では、四戸監督の指導を受けました。四戸監督は、選手の考えや気持ちを理解して下さる指導者だと思います。練習の際はいつも良いプレーにポジティブな声掛けをして下さり、試合中悪い流れになった時は「この流れは想定内だ。この後、こうすれば絶対勝てる」と選手を鼓舞してくださいます。その言葉の後に逆転して、勝利に転がった回数は数え切れません。また、声を張り上げて思いをぶつけることはないのですが、普通に話すミーティングの言葉の端々から、その熱意の強さが伝わってきます。この人の為に勝ちたい、チーム全員が心からそう思える素晴らしい監督だと思います。

この4人の方以外にも指導を受けたコーチはいます。全ての方々から様々なことを学ぶことができたと思います。

そして、先輩、同期、後輩、様々な性格やバックグラウンドを持った部員に出会い、多くの刺激を受けました。
今まで教えて下さった指導者の方、部員の皆に本当に感謝しています。

最後になりますが、残り少ないソッカー部生活について思っていることを書きます。
私は現在Dチームに所属しています。Dチームは後輩、特に1年生が多くいるチームです。私がこれまで色んな方々に刺激を受けたように、今度は私が後輩の為に何かを残してあげたいと考えています。Aチームの試合に出るという目標からは大きく離れ、上手くいくことが少なかったソッカー部の4年間でしたが、そんな自分だからこそ、今Dチームでこれから這い上がるために苦悩している後輩の気持ちを分かってあげること、アドバイスを送ること、全力で取り組む姿勢を見せることができると思います。そしてその結果、他の部員の心に何かを残すことを出来ると信じています。
拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

次のブログは、気付いたらめちゃくちゃムキムキになっていた「キノピー」こと、木下柾郁です。どうぞお楽しみに!

《NEXT GAME》
10月6日(土) 関東リーグ戦 第15節 vs中央大学
@中央大学グラウンド 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ