オフィシャルブログ

波崎遠征優勝(Cチーム)

2018.08.30

暦のうえでは秋となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
Cチームは8月20日から23日までの間、波崎遠征に参加しておりました。既に戸田コーチの公式インスタグラム(戸田和幸 公式Instagram@kazuyuki_toda_official)にてご報告がありましたが、この遠征でCチームは優勝することが出来ました。

さて、猛暑の中での遠征となりましたが、Iリーグに向けて全員が実りある時間を過ごすことが出来た充実した遠征でした。少々遅れてのブログとなってしまいましたが、優勝を達成することが出来た4日間の統括をお伝え出来ればと思います。

初日、2日目に行われた予選リーグでは全勝で1位通過を達成することが出来ました。結果に一喜一憂するのではなく、あくまで内容と質にこだわろうとする姿勢が多く見られました。予選3試合を通して17得点と多くの選手の活躍が台頭する予選でした。3日目の決勝トーナメントの埼玉工業大学戦では、前半2点リードで折り返すものの、メンバーが大きく変わった後半2点返され、PK戦までもつれ込みます。苦しい内容の中で、何とかPK戦をものにすることが出来、チームに緊張感が生まれたように思いました。

最終日は戸田コーチとグラウンドマネージャーの鹿島が不在という厳しい状況の中で決勝を迎えることになりました。加えて連日の疲労もありましたが、その中でもキャプテンの竹内を中心に、日頃のトレーニングの成果を忠実に表現しようとする選手たちの努力もあり、見事優勝を勝ち取ることが出来ました。

IMG_7832

得点王の牛岡と大会MVPの吉江

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7832

集合写真

また、ピッチ外では夕食時に1分間スピーチの時間があり、戸田コーチが設定したテーマに対して指名された部員が各々の想いを発表していました。自分の思考を整理し、言語化し、それらを大勢の前で発表する難しさを実感している部員が多くいましたが、そういった経験がサッカーにも生きるのだという共通認識を持つことが出来ました。

この波崎遠征を通して見えてきた課題に対して各々が意見を発信し、全員で修正していくことが必要になります、後期シーズン開幕まで残り僅かとなりました。夏の厳しい練習に励み、ある程度の充実感と手応えを感じつつも、リーグ戦がそう甘くないことは痛い程実感してきました。Iリーグ後期開幕に向け、この遠征での経験を糧に、強い慶應を披露できるように切磋琢磨して参ります。今後共、温かいご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

文責:奥山大

《NEXT GAME》
9月15日(土) 関東リーグ戦 第12節 vs東京学芸大学
@立正大学グラウンド 11:30キックオフ

 

記事一覧

月別アーカイブ