オフィシャルブログ

暑さの中での完封勝利(TOPチーム)

2018.08.14

こんばんは!
先週の水曜日に菅平全体合宿を終え、ただいまトップチームは「第11回ユニオンドリームチャレンジカップ」に参加しております。本塾は、富士大学、愛知学院大学、京都産業大学と同じ組となり、4戦4勝のEグループ1位で、決勝トーナメントに進出しました!

本日のブログでは、予選リーグが行われた大会1日目と2日目の様子をお伝えします!
試合の詳細は試合速報ブログをご覧下さい。

大会初日。
試合前に大雨が降ったかと思えば日差しが強くなったり蒸し暑くなったりと、不安定な気候の中で行われた初戦の相手は富士大学。前半は本塾ペースで試合が進み、34分には山田盛央のクロスにピーダーセン世穏が合わせ先制点を挙げ、1-0で前半を折り返します。一方後半は富士大ペースの試合展開が続きますが、日差しが強く照り付ける中、GK上田朝都を中心とした守備陣の活躍により得点を許さず、1点を守り抜き1-0で勝利しました。

富士大学戦

富士大学戦のスターティングメンバー

得点コンビ

得点したピーダーセン(左)とアシストした山田(右)

 

 

 

 

 

 

 

 

京都産業大学とのフレンドリーマッチでは、橋本健人のハットトリックや小谷春日の1ゴール2アシストなど攻撃陣の積極的なプレーや、佐藤海徳や酒井綜一郎をはじめとするDF陣の安定した守備により6-0で快勝しました。

夕飯の際には部員3名の誕生日をサプライズでお祝いしました!

集合写真

夕飯の時にバースデーサプライズをしました

3人写真

(左から)11日生まれの佐藤海徳・小山怜央と12日生まれの八田和己

 

 

 

 

 

 

 

 

無失点で予選リーグを突破しようと意気込んだ大会2日目。
1試合目の愛知学院大学戦では、本塾がボールを保持しつつも、なかなか決定機を迎えることが出来ず、前半は0-0で終えます。後半14分、佐藤のFKを八田和己が頭で合わせ、均衡を破ります。その後、相手に押し込まれる時間帯が続きますが、多嶋田雅司などによる好守備により得点を許しません。後半終了間際にはカウンターで小谷があげたクロスに山田が合わせて追加点を決め、2-0で勝利します。

京都産業大学戦

京都産業大学戦のスターティングメンバー

予選リーグ最後の試合の相手は京都産業大学。前半最初は本塾がテンポよく攻めますが、相手の堅い守備により得点には至りません。一進一退の攻防が繰り広げられる中、17分に左サイドから小谷が相手DFをかわしてあげたクロスに小山怜央が合わせ先制点を奪います。直後の19分にはPKを獲得し、これを小山が落ち着いて決め、2-0で前半を終えます。

 

後半、本塾はチャンスを迎えるも決め切れず、その一方守備面ではGKの藤川誠人が好セーブを見せるなど、1試合を通して拮抗した戦いが続きます。その後も両者の堅い守備によりスコアは動かず、2-0の無失点で勝利しました。

 

 

 

2日間を通して4戦すべて完封勝利することが出来たという点で、「後期リーグでの勝利に繋げる」という石川遠征の目的に沿った、非常に意義のある結果となりました。
試合の様子を見ていて、汗が噴き出る様な厳しい暑さの中で、ハーフタイムやクーリングブレイクの時間に選手同士で声を掛け合い、一体感を持って試合に挑んでいる姿が印象的でした。
明日から始まる決勝トーナメントでも1試合1試合を大事に、優勝を目指して戦って参ります。

文責 梶浦つばさ

《NEXT GAME》
8月25日(土) 第68回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@慶應義塾大学グラウンド 14:15キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ