オフィシャルブログ

2つの早慶戦と決意(八田和己)

2018.07.24

八田平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、総合政策学部3年の八田和己です。今回は先日行われました2つの早慶戦とこれからの決意について書きたいと思います。拙い文章ですが最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

私達は7月7日(土)に定期戦、7月16日(月・祝)には「アミノバイタル」カップで宿敵早稲田と戦いました。 まずお越しいただきました皆様、そして応援して下さった皆様へこの場をお借りして心より感謝申し上げます。ご承知かもしれませんが、どちらの試合も1-2で敗戦と、とても悔しさの残る試合となりました。私がどちらの試合でも感じたことは早稲田の“勝負強さ”です。決めるべきところで決め、守るべきところで守る。定期戦では先制するも逆転され、「アミノバイタル」カップでは前半 1-2で折り返し、後半は猛攻を仕掛けるも得点を奪うことが出来ませんでした。正に決めるべきところで決められ、守るべきところで守られてしまいました。決して早稲田を認めている訳ではありませんが、今の慶應にはこの“勝負強さ”が足りないと思います。

慶應は昨年、関東リーグ2部に降格し、今年は1年で1部昇格という目標を掲げてスタートしました。しかし現在、前期終了時点で2部リーグ9位と思うような結果が残せていません。徐々に試合内容は良くなってきているものの、やはり勝ち切れないというのが今のチームの現状です。しかしまだ諦めていません。この夏でどのチームよりも成長し、後期必ず巻き返します。今年は菅平で全体合宿も行われる為、チーム一丸となって成長出来るよう日々精進して参ります。そして何よりこの夏で早稲田以上の“勝負強さ”を身に付け、後期リーグは勝って勝って勝ち続けようと思います。今までにない慶應を後期リーグは見せます。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございます。どうかこれからも温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
8月25日(土) 第68回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@慶應義塾大学グラウンド 14:15キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ