オフィシャルブログ

理想と現実(小山内慎一郎)

2018.07.20

osanai平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部1年の小山内慎一郎です。

「皆さんは今自分が思う理想とは何ですか?」
皆さんが思い描く理想は100人いれば100通りあると思います。ですが、誰しもが自分自身で思い描く理想通りにいく訳ではありません。思い通りにいく人もいれば、思い通りにいかず苦悩している人もいるかもしれません。今回は私が人生で感じた“理想と現実”についてお話しさせていただきたいと思います。

小学校1年生からサッカーを始めて今年で13年目になります。サッカーを始めた時からの夢は全国高校サッカー選手権大会で優勝することでした。この夢を叶える為に小学校を卒業し青森山田中学校に入学を決めました。中学3年生で全国大会優勝を経験し青森山田中学を卒業と同時に青森山田高校に入学しました。高校2年生でスタメンになり、夢であった全国高校サッカー選手権大会で優勝することが出来ました。サッカーを始めた時からの夢を叶えることが出来、この時を境にプロになるというまた新しい夢が出来ました。高校3年生の時にはキャプテンに就任しチームの中心として高校サッカー生活を送り、充実していましたし、理想的な日々を過ごせていたと思います。

大学に入学し、また新しい環境からのスタートになりました。1年目から試合に出て活躍出来ると思っていた私の理想とは裏腹に全く違ったものでした。トップチームにはいますが、試合に出られる立ち位置でもなければそれにも絡んでいくことが出来ない私の力の無さに、悔しい気持ちよりも情けない気持ちの方が強かったです。

理想としていた自分と今の現実。やはりそんなに甘くない。大きな壁にぶつかりました。上手くいかない時、悩みに悩んで今自分が出来ること、自分自身の殻を破り少しずつでも前に進んでいかないといけないと改めて感じました。

私が理想としている活躍、最高の舞台に立てるように今の現実と向き合いたいと思う。そんな現実から、思い描いている理想に近づく為に日々成長し続けなければならない。

“理想と現実” その壁を超えた先に輝かしい舞台がきっとある。

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。これからもソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
8月25日(土) 第68回慶應・神戸サッカー定期戦 vs神戸大学
@慶応義塾大学グラウンド 14:15キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ