オフィシャルブログ

運(竹内瑠架)

2018.06.21

竹内平素より大変お世話になっております。法学部法律学科1年の竹内瑠架と申します。私は1年間の浪人という期間を経て、ソッカー部の門を叩くことになりました。ブログという形で自身の考えを表現するのは初めてになります。拙い文章ですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

さて、最近ホットな話題であるワールドカップ。今回の日本代表は親善試合等でもなかなか勝ち星が得られなかった上に直前で監督が交代したこともあり、私自身もそうですが日本代表に強い期待感を抱いていた人は少なかったように思えます。しかし、日本代表は前回大会で1ー4で負けた宿敵コロンビアに2ー1で勝利し初戦を白星で飾ったことで、サポーターが抱いていた日本代表に対する不信感を払拭し、サポーターからの期待を取り返しました。そこで私が考える勝利の要因を書き留めようかと思ったのですが、そこはプロのライターの方に任せ、私はハリルホジッチ前監督解任の理由とされている「コミュニケーション」の部分についてお話させていただこうと思います。

私はふらっと書店に立ち寄り、表紙で気になった本を即購入してしまうことがしばしばあります。そのせいで表紙と内容とのギャップに苦しみ半分くらいで飽きてしまうことが多々あるのですが…。そんな私が何度も読み直した本の中で『運は人柄』という本があります。その本では、人生において重要な3要素を才能、努力、運とし、その比率は1:2:7としています。私はこの文章を読んだ時、「さすがに運が7割は大きすぎるだろう」と思っていました。しかし本を読み終えた今、「運が7割」というのはあながち間違ってはないと考えています。端的に言うと、人と良好なコミュニケーションを取ることによって運は向上するということです。この本では会社を例に挙げています。部長が徹夜でやらなければ終えられない程の仕事を課された際に、部下が率先して残りの仕事を手伝ってくれたとする。この時部長は「俺は良い部下を持ったな、良い部下を持てた俺は運が良いな」と思うでしょう。しかしそれは偶然運が良かったのではありません。それまでの部長の言動、例えば毎日必死に仕事に取り組んでいること、また、ご飯を奢ってくれた際に見返りを求めてこないことによって部下が部長の為に動きたいと考え、率先して動いてくれたのです。私達が「運が良いな」と思うことの多くは私達のそれまでの言動に依存しているのです。つまり、コミュニケーションを取ることによって運を向上することが出来るのです。

私達は今年度2部のステージで理想的な結果は出せておりません。私は現在試合に出れてない1年という立場でチームに貢献で出来るよう動いています。ソッカー部では、伝統としてチームの土台を安定させる為に1年が仕事を全うするのは当たり前のことです。しかし、形だけになってはいけないと思います。私達は伝統の形を模範するべきではなく、ソッカー部の魂を伝統として受け継ぎ、形は付随してくるもので良いのです。型にはまろうとする必要はありません。チームの為になるよう行動しようとする魂をまず最初に持てば良いのです。それによる行動により衝突が起きるのであれば仕方ないことです。そこでコミュニケーションを図り、解決をしていけば良いのです。そして、運を向上させていけば良いのです。

大変拙い文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。今後共、ソッカー部への熱い応援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
7月1日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs日本体育大学
@Shonan BMWスタジアム平塚 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ