オフィシャルブログ

大切な存在(武田聖基)

2018.06.14

武田平素より大変お世話になっております。法学部法律学科2年の武田聖基と申します。部員ブログ自体はドイツ遠征で一度、短い内容ながら書かせていただいたので今回で2回目になります。部員が170人を超えていることもあり、自分が再びブログを書くのは4年生になってサッカー人生の終わりが近付いてる時だろうと勝手に推測していましたので、全く準備していませんでした。拙い文章ですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

今回ブログ担当になったことが全体ラインで流れた時にいつも共にトレーニングに励んでいるBチームの同期からは「ご報告」であったり、「僕の広背筋」(内輪ネタであるため、詳しくはサッカー部の友達に聞いてみて下さい)等、様々なテーマについて書いて欲しいといじりも含みつつ頼まれましたが、今回のブログではそのいずれでもない内容について書きたいと思います。

僕はサッカーを小学生で本格的に始めましたが、最近の自分は、今日までの13年間のサッカー人生の中でサッカーの調子が一番悪いです。これはブログを書く為に少しオーバーに書いた訳ではありません。何が調子悪いのかと言うと、自分はキックが得意なはずなのに安易なパスミスを繰り返したり、上手くビルドアップに関わることが出来ないのです。結果として今自分は自分に全く自信が持てず、当然ながらBチームの公式戦に絡むことは出来ていません。こうなったきっかけは自分でも分かっています。せっかく貰えたチャンスを全く活かすことが出来ず、チームとしても大事な初戦で大敗してしまったのです。この日以降、調子は下向きになる一方です。

しかし幸いにも僕は同期には恵まれています。もちろんミスをしている訳ですから、自分のことを悪く言ったりバカにしてくる人もいます。しかし、同期の皆はこんな自分を常に気に掛けてくれていて、少しでも調子が上向きになれる様にと毎日毎日声を掛けてくれています。厳しい声を掛けるべきだという意見もあるとは思いますが、自分達の代の「仲の良さ」という一つの特徴が良い意味で僕に働きかけてくれています。沢山の人に相談しましたが、特にS君、T君、I君、K君、S君には感謝しています。この5人は僕に何か特別な言葉を掛けた訳ではありません。しかしながら彼らの、言葉では表現しにくい、彼らしか持っていない良さが、毎日僕のことを救ってくれているのは確かです。

調子の悪い時期というのは今の自分がそうであるように、なかなかサッカーを心の底から楽しむことが出来ません。それでも我慢し、いつか自分が調子の良いプレーが出来た時の為にじっくりと力を蓄えたいと思います。自分は誇る程の技術は持ち合わせていませんし、技術不足を補える程身体能力が傑出して高い訳でもありません。自分が出来ることは自分が一番分かっているつもりです。だからこそ自分の出来ることから一つずつ積み重ねていきたいと思います。そして、僕は落ち込んでいる心を救ってくれた同期達に恩返しがしたいのです。いつか「こんな調子悪い時期があったなあ」と、皆で笑い飛ばしたいと思います。また、自分が考える本当の恩返しは名前を挙げた人達と共に試合に出て、自分が出来る最高のパフォーマンスを発揮し、勝利を掴むことだと思っています。それも、関東リーグや早慶戦の舞台でです。この部に入るにあたって一つの大きな目標を持っていましたが、2年の春にしてもう一つの目標が出来ました。その目標を実現するのはかなり困難な道のりであることは分かっていますが、それでも自分は達成します。その為に毎日の努力を惜しみません。必ず成し遂げてみせます。

拙い文章ながら、最後まで読んでいただきありがとうございます。トップチームへの応援もですが、B.C.DチームにもそれぞれIリーグがあります。観客が少しでもいて下さることで選手達の力に繋がることは確かです。是非会場に足を運んでいただき、熱いご声援を宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
6月17日(日) 関東リーグ戦 第10節 vs拓殖大学
@日立市民運動公園陸上競技場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ