オフィシャルブログ

二兎を追って二兎を得る(川村祐生)

2018.06.10

川村平素は大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただく、法学部政治学科1年川村祐生と申します。ロシアW杯開幕まで一週間を切り、朝練の多いソッカー部の中で、どの様にW杯観戦をするか頭を悩ませています。

このブログでは私の今春に下した決断とそれに対する決意について書きたいと思います。

まず決断の内容は、選手としてソッカー部でプレーしながら慶應の系列中学である慶應義塾普通部のサッカー部でコーチをやるというものです。少し格好付けて言うと選手とコーチの二刀流という事です。この決断に至るまで私は18年間の人生の中で最も悩み、考えました。最初は、正直選手としてではなく学生コーチとしてソッカー部に所属しようと考えていました。しかし、大学の高いレベルでトレーニングして行く中で、全力でサッカーをする楽しさが日々募っていきました。そんな葛藤の中で親、コーチ、高校の先輩方、大学の先輩方等沢山の方々に相談しました。そこで様々な意見を聞いて、私は今回の決断を下すことが出来ました。更にこの決断はソッカー部、普通部の関係者の方々、そして両親の理解が無ければ成し得なかったものです。

現在選手とコーチという2つの角度からサッカーを見ています。沢山の刺激や学びがあり、もちろん大変ですが、それ以上に充実した日々を過ごさせていただいています。そういった意味でも、今回この決断をして良かったと思っています。

ことわざには「二兎を追う者は一兎をも得ず」というものがあります。しかし、私は「二兎を追って二兎を得る」という決意の元、私の決断を受け入れて下さった人達の為、また自分の為に選手、コーチどちらに対しても全力で挑戦していきたいと思います。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
6月17日(日) 関東リーグ戦 第10節 vs拓殖大学
@日立市民運動公園陸上競技場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ