オフィシャルブログ

体育会ソッカー部フットサル部門(立石修也)

2018.06.07

立石平素より大変お世話になっております。経済学部2年の立石修也です。私は2歳年上の兄の背中を追い、ソッカー部の門を叩きました。しかしいざ入部してみると、そこにはもう彼の姿はありませんでした。彼はソッカー部を退部し、自由奔放に生きる道を選びました。応援してくれる彼の為にも、関東リーグに出て活躍出来るよう頑張りたいと思います。

さて、ソッカー部は2年前、新たな試みとして、フットサル部門を発足しました。フットサル部門とは、ソッカー部の部員180名の内、32名からなる組織で、1週間に一度集まってフットサルの練習をしています。フットサル全国大会にもエントリーしていて、大学日本一に向けて着々と準備を進めています。私は去年、半ば強制的にフットサル部門に加入させられました。加入こそしてみたものの、当初はあまりやる気がなく、自分のプレースタイルもフットサルには不向きだと思っていたので、すぐに辞めるつもりでした。そんな気持ちで始めて1年が経ち、振り返ってみると、心からフットサル部門に入って良かったと思えます。今回のブログは、そんなフットサル部門の良い所を三つ挙げたいと思います。

一つ目は、雰囲気です。ソッカー部は体育会であり、当然ながら引き締まった空気が流れています。上下関係も勿論存在します。チーム状況が悪い時は特に、安易にふざけられるような雰囲気ではなくなります。大切なことですが、部員の粗相に対する緊張感は異常な程に高く、下級生は先輩の目を気にしがちです。そんなソッカー部の中で、フットサル部門には独特な空気が流れています。先輩後輩やカテゴリーの上下関係なく和気あいあいとしていて、ファミリーのような空気を感じます。フットサルの練習は中々ハードで、他の部員よりも練習量が多い為、結束力も自然と強まります。

二つ目は、フットサルをサッカーに繋げられることです。フットサルと聞くと足技で相手を翻弄するようなイメージがあるかもしれません。しかし実際に経験すると、必要なのはチームで動く組織力、そして戦術理解力だと感じます。フットサルはコートが狭い為、少しのズレがゴールに直結します。私はフットサルで、細かなポジショニングや動きに変化を加えることの重要性を学びました。味方の動きを見ておく必要もあります。私はFWのプレーヤーですが、点をコンスタントに決められているのはフットサルでの学びのお陰だと信じています。

最後に、私が日頃強く感じるのは、四戸監督への信頼です。フットサル部門を率いる四戸監督は、冷静かつ論理的に指導をして下さります。私は四戸監督が怒っているところを見たことがありません。しかし四戸監督は内側に、強い情熱を秘めています。それは選手達にもひしひしと伝わってきます。何としてでも日本一になりたい。四戸さんはその強い思いから今夏、予約していたワールドカップのチケットをキャンセルし、フットサルの大会に同行して下さいます。そんな熱い気持ちを持った四戸監督の為にも、フットサル部門は日本一のタイトルを必ずや掴んで見せます。

以上、ソッカー部フットサル部門を紹介しました。確かに週に一度練習が増え、コンディション調整が難しくなるというマイナスの面はあります。しかしそれを凌駕する学びをフットサル部門は与えてくれます。これからもソッカー部フットサル部門の応援を宜しくお願いします。そして部員には是非、フットサル部門に入って力になって欲しいと思います。

拙い文章ですが最後までお読み下さりありがとうございます。今後共、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
6月9日(土) 関東リーグ戦 第9節 vs神奈川大学
@青山学院大学グラウンド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ