オフィシャルブログ

変化を恐れるな(草野信之介)

2018.05.10

草野平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました。環境情報学部2年の草野信之介です。

去年ソッカー部に入部してから早くも1年が経ちました。新たな環境に身を置くことで感じた「成長」について今回のブログでは書きたいと思います。

ソッカー部に入部してから早1年、入部当初にトップチームに上げてもらったものの、昨年はC1チームまで落ち、今年もシーズンインこそはトップチームにいたものの現在はBチームで出番を得られないという厳しい状況にいます。入部してから目に見える結果は何一つ残せていませんが、自分のプレーは日々成長出来ていると感じています。ただその一方で今の成長速度では遅いということも痛感しています。

そんな私が大学に入ってから感じたのは、自分という選手を成長させるには常に変化が必要だということです。
高校から大学の初期にかけての私はほとんど成長が無かったと感じています。それは自分に変化を与えることを恐れていたからです。新しいことにチャレンジしたり、変化を求めることで今のプレーの質が落ちるのではないか、自分のプレーを見失ってしまうのではないかという不安があったのです。

高校時代のコーチであった恩師はよく「現状維持は衰退」という言葉を仰っていました。恩師は、自分が現状を維持していても周りは常に進化しているのだから結果的に見れば後退しているという意味で仰っていたのだと思います。

本当に素晴らしい言葉ですが、この言葉は違った捉え方も出来ると思います。どんなトレーニングであっても現状を維持しようとするのは簡単です。ただ同じことの繰り返しでは人間はすぐに慣れてしまい、成長の幅はガクンと落ちます。ちょっとした意識であっても何か変化という刺激を与えていかなければ成長し続けることは出来ないのです。つまり現状維持というのは自分で自分の成長を妨げることになります。私はこれこそが一人のサッカー選手としての衰退であると思うのです。

現状を維持することに対して、自分に変化を求めることは相当厳しく、難しいものです。客観的に自分を見て何が足りないのかを考え、それに伴った行動を自分で選択していかなければなりません。また変化を求めることで上手くいかないことが出てきて、壁にもぶち当たるでしょう。今までは無かった悩みも出てくるかもしれません。成長には変化が不可欠ですが、変化には常にリスクが伴うのです。しかしそれでも私は変化を求め続けることが必要だと思っています。それは現状の自分というサッカー選手に満足していないからです。

私はまだまだサッカー選手として未熟です。それでも「上手くなりたい、成長したい」という気持ちは誰よりもあるつもりです。そしてそう思い続けられる限りはいくらでも伸びることが出来ると思っています。

置かれている現状は厳しいものです。もちろん、もどかしさや焦りがないわけではありません。ただそれでも自分を信じて一歩ずつ変化を求め、進化し続けたいと思います。「変化を恐れるな」と常に言い聞かせながら。結果は必ず付いて来ます。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。これからもソッカー部へのご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
5月20日(日) 関東リーグ戦 第6節 vs立教大学
@拓殖大学グラウンド 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ