オフィシャルブログ

立ち返る言葉(篠原新汰)

2018.04.30

篠原平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、総合政策学部1年の篠原新汰と申します。このブログでは、『受け入れること』について書かせていただきたいと思っています。

この言葉は私が今までお世話になってきた恩師の方が揃って口にしていた言葉です。私がこれまでサッカーをしてきた中で一番大事にしていて、何かあった時にはこの言葉に立ち返って考える様にしています。「日常からやっていることだし、普通じゃないか」と思った方も多いと思います。そうです。これは普通のことで誰もが日常ではやっていることです。では何故この言葉を私が大事にしているのか。それは上手くいかない時の『受け入れること』だからです。

サッカーを例に挙げると、自分の調子が良い時には顔が上がり周りもよく見え、周囲とのコミュニケーションも取れて全てが好循環になります。こういう時ってサッカー楽しいです。では逆に、自分のプレーもチームも上手くいかない時。文句を言ったり、不貞腐れたりする人も多いと思います。こういう時にチームメイトからこうしてほしい、と意見を伝えられた。その意見をしっかり聞くことが出来るか?実際、この様な状況になると受け入れることは意外と難しいです。

上手くいかない時、心のベクトルは自分の外に向きがちで、人のせいであるとまず考えてしまうことが多いです。ここで先に自分を正当化しようとすると人の意見をシャットアウトしてしまい、それ以上先に進展がなくなってしまいます。私は上手くいかない時、まずはベクトルを自分に向けよう、そして意見を受け入れよう、そう考えています。むしろ人から意見をいただけるだけで幸せなことで、何も言われなくなったらそれまでだとも思います。サッカーは正解のないスポーツでもあるので人からの意見が間違っていることはほとんどありません。そして受け入れた次には反芻し、自分なりに考えることが大事です。自分の意見を、人からの意見を通してより良くしていく作業です。人から言われたからその通りにやるというのはもったいないと思います。自分の考えていることも大事にしつつ、まずは受け入れてみようということです。

上手くいかない時にこそ受け入れて、そして強くなる。これから選手として、人間として成長していく為にさらに意識していきたいと思います。

最後に『受け入れる』事についてジュニアユース時代の監督からもらった言葉を紹介させていただきたいと思います。

『受け入れることをやめたらお前の成長は止まる。もっと周りの声を聞け。自分を変えるヒントは人が持っていたりしますよ?』

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。これからもソッカー部へのご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
5月3日(木・祝) 関東リーグ戦 第4節 vs中央大学
@江戸川区陸上競技場 11:30キックオフ
★集中応援日となっております★

記事一覧

月別アーカイブ