オフィシャルブログ

本気でやること(中島理雄)

2018.03.26

中島平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、商学部新2年の中島理雄です。今回初めてブログを書く機会を頂きました。「本気でやること」について書きたいと思います。

「本気でやること」
これは私の今年のテーマであります。大学の体育会でサッカーをやっている以上、本気でやることなど当たり前のことです。しかし私は、自分が本当に本気で取り組めているのだろうか、と思うことがありました。

「プロは目指してないでしょ?」
高校の同期の友達との会話の中でこう質問され、答えることが出来ませんでした。

私は14年間本気でサッカーをやってきました。もちろん始めた頃はプロサッカー選手を目指していました。しかし、高校ではトップチームに全く絡めず、理想と現実のギャップを痛感しました。大学に入り視野が広がり、サッカー以外の選択肢が増えました。これは一見ポジティブなことの様に思えますが、サッカー一筋で生きてきた自分にとって逃げ道に感じ、前向きに捉えることが出来ませんでした。サッカーが上手くいかない、でも自分には選択肢が多くあるという現実に、サッカーが自分の中心から段々と外れていく気がして嫌になりました。

今の自分の状況から考えると、プロサッカー選手になることは極めて実現性の低い理想です。ただ、前述の質問に対して肯定することで過去の自分を否定してしまうことになると思い、答えることが出来ませんでした。

14年間本気でサッカーをやってきたつもりでしたが、プロサッカー選手になるという自分の夢を叶える為、その夢を人に堂々と宣言する為には本気度が全く足りなかったことに気が付きました。
私の同期には本気でプロを目指している仲間がいます。1つでも上のカテゴリーでプレーしようと目を輝かせて毎日努力している仲間がいます。チームの為に自分の時間を割いて仕事をする仲間がいます。度重なる大きな怪我にもくじけず必死にリハビリを続ける仲間がいます。練習後に毎回居残りで練習する仲間がいます。各々が自分の目標の為に本気で取り組んでいるはずです。そんな尊敬すべき仲間を持てたことにとても感謝していますし、負けぬ様に取り組まなければいけないと思っています。

今年が終わる時自分に対して、よくやった、これ以上はもう出来ない、というくらい出し切れたときに初めて「本気でやった」といえます。その為には限られた時間を最大限に活用して努力し続けないといけません。無駄にして良い時間はありません。

また、見ている人から応援される為に、本気でやることは今年のソッカー部のスローガンである「リスペクト」と同じくらい必要な要素です。チームとして応援される為に自分が率先して取り組み、波及させていきたいです。

最後に、「本気でやること」を日々どんな時も意識する為に同期にお願いして書いてもらった書を紹介します。

S__7217275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとまりのない文章になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
4月8日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs立正大学
@山梨中銀スタジアム 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ