オフィシャルブログ

ドイツレポート⑭(守永和樹)

2018.03.20

守永平素より大変お世話になっております。今回のドイツ遠征レポートを担当します、経済学部新2年の守永和樹です。

いよいよ終盤に差し掛かってきたドイツ遠征、最後の練習が行われました。ここまでの遠征では当初聞いていた程の寒さに見舞われることはありませんでしたが、今朝起きるとなんと外では雪が降っており、気温は-2度まで落ちました。その中、私達は最後の練習を終え1週間過ごしたピッチに別れを告げました。

 

 

S__15818939

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後我々はオランダの首都アムステルダムにバスで移動し市内を観光しました。私は幼少期に7年間アムステルダムに住んでいたことがあり、それ以来行っていなかったのでこの日を特に待ちわびていました。
実際に観光してみて気付かされたのは、自分がとても美しい街に住んでいたということです。当時小学生だった私はそこまで街をじっくり見回ることがなかったので、観光して見た綺麗な街並みはとても新鮮でした。自転車用道路があったり、トラム(路面電車)が街中を駆け巡っていたりということは日本では考えづらく、異文化を肌で感じました。

最後に、サッカー面について言及させてもらいたいと思います。このドイツ遠征ではとても貴重な相手と練習試合を行わせてもらうことが出来ました。特に2戦目の相手であったVVVVenloのU-23チームは私のサッカー人生において思い出に残る試合となりました。約10年前、私は当時VVVVenloに所属していた本田圭佑選手の試合を観戦しに行き、屈強なオランダ人に全く引けを取らずスタジアムを熱く湧かせていた本田選手に強い憧れの気持ちを抱きました。今回、VVVVenloと練習試合を行った会場はまさに本田選手を観戦したスタジアムでした。そのスタジアムで自分が点を決めるとは10年前は全く思っていませんでした。

ドイツ遠征の10日間は毎日が刺激的で学びの機会に溢れています。この機会を与えて下さった全ての方に深く感謝を申し上げます。
拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

S__15818938S__15818937

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《NEXT GAME》
3月25日(日) 天皇杯予選 準決勝 vs東洋大学
@東洋大学グラウンド 13:30キックオフ