オフィシャルブログ

ドイツレポート⑧(稲川琢馬)

2018.03.16

稲川平素より大変お世話になっております。ドイツ遠征のレポートをさせていただきます環境情報学部新2年の稲川琢馬です。今回は5日目に行われた VVV Venlo 戦について報告させていただきます。

5日目は、午前トレーニング、そして午後は Venlo に移動して試合という日程でした。VVV Venlo はかつて本田圭祐選手が所属していたチームであり、オランダの1部リーグに属す強豪チームです。連戦ということもあり、何人かの選手には疲労が見られましたが、それ以上に強豪チームと同じピッチに立てることへの高揚感は非常に大きいものでした。また、それだけではなくかつて日の丸のユニフォームに袖を通した元日本代表の藤田俊哉さんのご協力により、VVV Venlo のホームスタジアムで試合をすることが出来たのです。過去に藤田さんは VVV Venlo のコーチとしてご活躍され、Venloの一時代を築き上げました。最高のピッチで、最高の相手と試合が出来る、こんなにも気持ちが奮激することは中々ありません。
また、更にも先週のベルギー1部リーグでハットトリックを記録した豊川雄太選手も試合会場に足を運んで下さり、試合後には発破をかけて下さいました。

そして、ドイツ現地時間16時に試合開始の笛が鳴りました。VVV Venlo というチームは知っていても、どんなサッカーをしてくるのか全く初めてであり、両チーム共に序盤は相手の様子を伺いながらゲームに入ります。試合中盤にもなると、両チームが激しい攻防を繰り広げます。図体の大きい相手にどの様に攻めるのか守るのか、頭も体もフル回転にして戦います。空中戦やフィジカルの部分では多少劣っていても、パスワークや組織的なサッカーでは勝っていた部分も多くありました。しかし、中々攻めることが出来ず、前半を0ー2で折り返します。

そして、後半。勝ちにいく為には残りの45分が勝負です。相手を果敢に崩し、ゴールに迫るも中々ゴールネットを揺らすことは出来ません。そして、試合終盤、あの男が魅せてくれました。先日の試合でも得意の左足を振り抜いて得点を決めた守永和樹です。相手の意表を突くタッチからゴール右隅に流し込みました。2試合連続ゴールを記録し、まさにシンデレラボーイ です。1点を決めたものの、勝ち越すことは出来ず、試合終了の笛が鳴りました。 結果は、1-2です。勝ちにいくことを目標としていた私達にとっては、大変悔しい結果となりましたが、それ以上に得られるものは非常に大きいものとなりました。選手一人ひとりに、改善点は多くあったことと思います。そして次の試合にそれらを活かし、この遠征を勝ち越して終われる様に1秒1秒大切に過ごしていきたいと思います。

最後になりますが、このドイツ遠征では多くの方々のご尽力によって、何事にも代え難い10日間となっています。少しでも結果や成⻑によって恩返しが出来る様に努めて参りたいと思います。
S__15712341

 

 

最高のピッチで VVV Venlo と試合

 

 

 

 

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
3月25日(日) 天皇杯予選 準決勝 vs東洋大学
@東洋大学グラウンド 13:30キックオフ