オフィシャルブログ

4日間の経験を糧に(Cチーム)

2018.03.15

こんばんは。本日をもって、Cチームが参加していたTRAUM CUP 東日本 in SPRING の全日程が終了しました。2日目までの様子は一昨日のブログにてお伝え致しましたので、今回は3日目以降の結果をお伝えします。
大会3日目からは順位別リーグの第3グループで4チームの総当たり戦を戦いました。
試合結果の詳細は、試合速報ブログをご覧下さい。

遠征3日目、1試合目はIPU環太平洋大学と戦いました。
序盤から本塾が攻め続ける展開となります。前半16分にゴール前でボールを奪い有本峻(4年・國學院久我山高)が先制すると、29分には新入生のシュートが相手GKに阻まれそのこぼれ球を鈴木夏海(4年・慶應義塾湘南藤沢高等部)が決めて追加点を奪います。その後、36分には有本からのパスに石井翔(3年・多摩大目黒高)がループシュートを決め、さらに41分には高津海人(2年・桐蔭学園高)の逆サイドへのロングパスから新入生が4点目を奪い、前半を4-0で折り返します。無失点で終えようと意気込んで挑んだ後半。81分に相手選手の素晴らしいミドルシュートにより1点を返されてしまいますが、新入生GKのファインセーブが続き、4-1で白星を挙げました。

S_7629681920016

(大会3得点の鈴木夏海)

S_7629682042506

(チャンスを作り続けた新入生)

S_7629682081875

(石井翔のゴールシーン)

2試合目の相手は仙台大学。前半20分までは相手ペースで試合が動きますが、MF髙木政哉(2年・熊本高)を中心とした守備の働きにより、得点を許しません。キャプテンの山村桂介(4年・慶應義塾高)を起点にチャンスを作り出しゴールに迫りますが、決められないシーンが続き、スコアレスドローで前半を終えます。
後半も同様、序盤は攻め込まれる状況が多くありましたが、GK鈴木大勇(4年・慶應義塾高)のシュートストップでゴールを守ります。また、新入生を中心としたパス回しからシュートに持ち込む場面や、ロングパスからチャンスを作り出す場面があり、一進一退の攻防が続きます。しかし76分、ペナルティエリア内でファールを取られ、そのPKで先制されてしまいます。そのまま試合は0-1で終了。無失点という目標は達成出来ませんでしたが、20度を超える暑さの中、献身的なプレーを魅せる選手も多く、意義のある試合内容でした。

S_7629681964507

(守備に徹する髙木政哉)

S_7629682117700

(攻守ともに献身的なプレーを魅せた新入生)

2日目までのミーティングでは、「試合中に仲間のプレーに対して文句を言わない、リスペクトの気持ちを持つ」ということを話し合ったこともあり、試合中は竹内浩貴(4年・慶應義塾湘南藤沢高等部)を中心にベンチ内外からのポジティブな声掛けが目立っていたように思います。

3日目の夜には、鹿島アントラーズ前社長でソッカー部OBの井畑滋様にお越しいただき、大学サッカーとプロサッカーの違いや鹿島アントラーズの強さの秘訣など、井畑様ならではの貴重なお話を伺いました。マネージャーとして、チームマネジメントに関わるお話を聞けたことを大変光栄に思います。

遠征最終日の相手は、筑波大学でした。無失点の目標を達成するべく、全員が一丸となって戦いました。
前半最初はなかなかボールを奪えず、筑波大学にパスを回される時間が続きます。しかし次第にチャンスが増えていき、20分、綾部紀幸(3年・慶應義塾高)のスルーパスに原田圭(4年・慶應義塾高)が合わせますが、得点とはなりません。45分には、鈴木夏がドリブルでゴール前まで運びシュートを放つも、惜しくもバーに当たり、得点とはならず前半を終えます。後半、本塾がボールを支配する時間が長く続きましたが、なかなか決定機を作り出すことが出来ません。チャンスを決め切ることが出来ず、試合は0-0で終了しました。

S_7629681997262

(幾度ものピンチを凌いだ新入生GK)

4日間の遠征を通して、学年の垣根を越えて和気あいあいと過ごしていた様子が印象的でした。学生コーチの鹿島祐平は最後の集合で、一進一退の攻防が続く試合の中で、良い内容でも勝ち切れないところがCチームの弱点であり、Iリーグ1部で戦っていくためにも勝ち切る力が必要であると話していました。今回の遠征で確認出来た長所・短所、改善点を今後の練習に生かし、Iリーグ開幕に向けて全員が必死に取り組んで参ります。今後共、Cチームに熱いご声援の程、宜しくお願い致します。

以下、遠征に参加した選手のコメントです。

S_7629682160585

4年 竹内浩貴(慶應義塾湘南藤沢高等部)
Cチームは、鹿島遠征にてチャレンジングな4日間を過ごしてきました。戸田コーチのもとで学んだことをどのように表現するか、メンバー全員で話し合い、日を追うごとにその表現力が増していったことに充実感を覚えました。結果こそ伴わず悔しい思いもありますが、4月に開幕するIリーグを見据えて考えると貴重な4日間だったと思います。この先、格上のチームと戦うこともあるとは思いますが、今回のチャレンジ精神にさらに磨きをかけ、Cチーム全体が一つの方向へ向かっていけば、自ずと結果も付いてくると確信しています。

 

 

S_7629533438102

2年 高津海人(桐蔭学園高)
個人としてもチームとしても大きく成長出来た遠征でした。Iリーグで勝てるチームになる為、戸田コーチの指導のもと一人ひとりが競争意識を持って、より一層日々の練習に力を入れていきたいと思います。今後共、ご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

 

 

 

文責:梶浦つばさ

《NEXT GAME》
3月25日(日) 天皇杯予選 準決勝 vs東洋大学
@東洋大学グラウンド 13:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ