オフィシャルブログ

ドイツレポート④(立石修也)

2018.03.14

立石平素よりお世話になっております。ドイツ遠征4日目午前のレポートを担当させていただきます、経済学部新2年の立石修也です。まずはこの場を借りて、この遠征を支えて下さったコーチ陣、現地の方々、家族やOBの方々に、心より感謝申し上げます。必ず実りのある遠征にしたいと思います。

さて、ドイツ遠征も4日目を迎えました。時差ボケと闘いながら観光や試合観戦をしていた昨日までとは打って変わって、本格的にサッカーの活動が始まりました。午後に現地のチームとの試合を控える中、午前はドルトムントのGKコーチ Marco Knoop氏と、UEFA PROのライセンスを持つAndreas Winkler氏の御二方をお招きし、トレーニングをしていただきました。世界的にもトップクラスの実績を持つ2人のトレーニングは密度が濃く、非常に貴重な経験をすることが出来ました。
まず驚いたのは、アップから練習が終わるまで常にハイテンションで、テンポを落とすことなく全力で指導して下さったことです。メニューの合間も、「concentration!!」と鼓舞の声を常に掛けて下さり、集中を切らす時間がありませんでした。大したことではないと思われるかもしれませんが、練習時間が限られている以上、選手にとって最大限集中を持続させることはとても重要であり、成長の程度はここに左右されます。帰国しても、集中力を大事にして練習したいと思います。

S__28925969

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容としては、守備のポジショニングをテーマとした練習をしました。素早くスライドすることや、中央にパスを通されない様にすることを意識しながらの、対人形式の練習です。気になる点があればコーチがその都度中断して細かな修正を加えて下さり、チームとして守備力が向上する実感が湧きました。

S__28925970

 

 

 

 

 

 

 

 

短い練習でしたが、頭も身体も疲弊する程濃い練習をすることが出来、多くの刺激を受けました。サッカー界の最前線にいる彼らは日本にはない考え方を持っており、熱意を持って伝えて下さりました。御二方には、明日も練習を見てもらいます。主体的に取り組むことで少しでも彼らから、新たな学びを吸収したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
3月25日(日) 天皇杯予選 準決勝 vs東洋大学
@東洋大学グラウンド 13:30キックオフ