オフィシャルブログ

延世レポート②(中畝楓流)

2018.03.10

中畝

こんにちは。平素より大変お世話になっております。今回延世レポートを担当する法学部法律学科新2年の中畝楓流です。

前回の延世レポートをお読みの方はご存知かもしれませんが、私は今、同期の杉本崇太朗、東山航大と共に、韓国の延世大学校サッカー部に短期留学という形で、約2週間練習参加をさせていただいています。世代別韓国代表の選手や韓国のトップレベルの選手と共にサッカーや寮での生活を送ることで日本では経験出来ない素晴らしい環境で充実した日々を過ごすことが出来ています。

前回のレポートで同期の崇太朗がほとんど全ての内容を詰め込んだ充実のレポートを書いてしまった為、内容が被ることもあると思いますが、今回のレポートでは私自身がこれまでの短期留学を通し、強く感じたことを書いていきたいと思います。

一つ目はフィジカルや筋力トレーニングに関することです。日本(ソッカー部)ではフィジカルトレーニングをチームで行うことは少なく、特にソッカー部では個人個人に任されています。しかし延世大学校ではほぼ毎日トレーニングルームでチームの練習として、フィジカルトレーニングが組まれます。私も普段、自主的に筋力トレーニングを行なっている為、おそらく付いていくことは出来るだろうと思っていましたが、想像以上にハードです。前回のレポートにあった通り、縄跳びを飛び続けたり、21種類のサーキットを3セットなど、慶應では行わない強度の高い筋トレなどを毎日こなしています。チームのフィジカルトレーニングをこなすだけで、私自身は相当きついのですが、それに加えて延世大学校の選手は自主的に筋力トレーニングを行なったり朝練習のランニングトレーニングをこなしています。(その中でもキャプテンは段違いです。)また全選手が寮で暮らしている為、寮に帰るとすぐに寮母さんが作った美味しい料理を食べることが出来て、すぐに栄養を補給することが出来ます。この様な環境で日々を過ごしているからこそ韓国の選手(延世大学校の選手)はフィジカル、球際や競り合いの強さが突出してるのだなと強く実感しました。

S__15614061S__15614060

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目に強く実感したことはコミュニケーションの重要性です。普段の練習や私生活では韓国語で全て会話が行われる為、練習メニューを理解することやコミュニケーションを取ることは容易ではありません。韓国に来たばかりの時は延世の選手とコミュニケーションを上手く取ることが出来ず、練習や生活面で苦労しましたが、拙い英語やジェスチャーや共通の話題などでコミュニケーションを取る様になると、練習などではお互いのやりたいことを理解出来るようになり、普段の生活でも仲を深めることが出来ました。延世の選手達と積極的にコミュニケーションを取り、生活することで日本とは異なる特有のルールや文化を知ることが出来、非常に良い経験になっています。この様に実際にコミュニケーションを積極的に取り、延世の選手と同じ生活をすることで、サッカーだけに限らず、全てにおいて高い基準で生活をすることが出来ています。そして、今回の延世での短期留学を通し、サッカーを通じて、海外に仲間が出来たことは、私にとって非常に大きな財産となっています。

S__15614059S__15614058

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の延世短期留学では世代別韓国代表に選ばれる様な選手達とサッカーや生活を共にすることで自分自身の課題や能力が明確になり、様々な新しい発見をすることが出来ました。今までの人生で感じたことの無い経験を多くすることが出来、密度の濃い充実した毎日を送っています。そしてこれらの経験が出来ているのは、私達の延世短期留学に関わって下さった慶應義塾や延世大学校の関係者の方々、また私達の生活を支えてくれている延世大学校サッカー部のドンちゃんのお陰です。(ドンちゃんのことは前回のブログで紹介しています。本当にお世話になりすぎてて申し訳ないです。めちゃくちゃ良い奴です!)この様な素晴らしい環境に感謝し、延世での生活を最大限自身の成長に繋げ、チームの大目標である関東リーグ1部昇格に貢献していきたいと思います。

拙い文章でしたが、最後までご読了いただきありがとうございました。今後共ソッカー部への温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
3月25日(日) 天皇杯予選 準決勝 vs東洋大学
@東洋大学グラウンド 13:30キックオフ