オフィシャルブログ

延世レポート①(杉本崇太朗)

2018.03.08

杉本

平素より大変お世話になっております。今回延世レポートを担当する法学部政治学科新2年の杉本崇太朗です。
私は今、同期の中畝楓流、東山航大と共に韓国の延世大学校サッカー部に短期留学という形で3月4日(日)から3月15日(木)までの間、練習参加をさせていただいています。

今回のレポートでは、4〜7日までの4日間の延世大学の生活のリポートと、私自身が感じたことを書きたいと思います。

 

〜1日の流れ~
6:00 起床
7:00~8:30 練習
8:45 朝食
12:00 昼食
18:00 夕食
20:00〜21:30ウェイトトレーニング
21:45〜22:30 自主練
23:00 消灯

延世サッカー部は大学の敷地内にある寮に選手、監督、コーチ全員で生活を共にしています。選手は全員で30名ほど、150名を超える部員を誇る慶應ソッカー部に比べるととても少ないです。

まず朝。1年生が全ての部屋に起床を告げに行きます。その後、1番先に集合場所へ行き準備を始めます。延世サッカー部の上下関係は厳しく、1年生は上級生の生活の世話をしながら行動しており、対する慶應の半学半教の理念に基づいた上下関係との違いを実感します。
皆集合したらグラウンドへ向かいます。グラウンドは大学内にあるものの寮からとても遠く、同じキャンパス内にも関わらず、校内無料シャトルバスで移動する程です。ただ、朝は便がない為20分かけて歩いて行きます。

S__55304215

朝グラウンドへ歩いていきます

S__55304216

帰りにバスを待っている様子

S__55304217

広大な大学の敷地

練習は、2部練が基本です。
午前はアジリティートレーニング、ランニング、パス&コントロール練習、ポゼッション練習などを行います。

グラウンドですが、日本に比べてとても硬いです。地面の硬さがダイレクトに足に伝わります。ですが、延世の選手はFG(天然芝用)のスパイクを履いています。
グラウンドはラグビー部と兼用しています。

S__55304218

 

 

 

 

 

 

 

S__55304219

あまりの硬さにスパイクが壊れてしまった航大

午後は、ウェイトトレーニングを行います。普段は午後もグラウンドでボールを使ったトレーニングをするようなのですが、この4日間は筋トレルームでウェイトトレーニングでした。
21種目のサーキットトレーニングや、私自身初体験の二重跳び40秒、普通跳び20秒を20セット・全力腿上げ普通跳び20秒、普通跳び15秒を15セットの縄跳びトレーニングも行いました。延世では縄跳びトレーニングはよく行うそうです。

S__55304220

充実した器具の筋トレルーム

寮の地下2階には人工芝のフットサルコートがあり、夜に選手達はボール回しやパス練習などの自主練をします。

S__55304221

芝は硬いです。

食事面。寮には、サッカー部専用の食堂があり食事の時間には寮母さんの美味しいご飯が食べられます。もちろん韓国料理で辛いのですが、とても美味しく、この食事が毎日食べられる環境は素晴らしいと感じました。夜食用にバナナやリンゴも置いてあり、とても充実しています。また、近くにコンビニもあるので不自由無く生活できます。

S__55304222

美味しいご飯を提供している寮母さん

 

S__55304223

ご飯が美味しく体重が2キロ増えた楓流

私達は、延世で充実した日々を過ごせています。それは、延世サッカー部キーパーで同期のドンちゃん(ドンヒョク)がサポートしてくれているからです(ドンちゃんとはあだ名です)。ドンちゃんは14年間日本で暮らしていましたが、延世大学校に一般入試で合格し、延世大学校サッカー部に入部した選手(延世大学校サッカー部史上初)です。彼は日本語と韓国語を流暢に話せる為、私達と選手・監督達とのコミュニケーションや生活面のサポートをしてくれています。

S__55304224

サポートをしてくれるとても優しいドンちゃん

私が練習、生活をしていて感じたことは、延世大の選手の皆が次のステージを考えているということです。監督、コーチが集合時に「プロで活躍する為には」という話を常々しています。選手達は、ほとんどがスポーツ推薦で入学したサッカーエリートです。彼らはプロになる為に生活をしています。大半の選手は3年生で大学を休学、中退しプロサッカー選手になります。プロになるのが当たり前であり、その先でどのように活躍するのか。その基準で生活している彼らに対し、監督、コーチ達もプロで苦労しないよう練習での厳しさを求めます。彼らはお互いに競争し合い、目の前の仲間に負けないように、力強く、魂のこもったプレーをしています。このようなサッカーへの姿勢、取り組み、情熱、競争心は、私自身も延世大の選手に負けることなく持ち続けていかなければと感じています。

長くなってしまいましたが、上記に述べましたように延世大学サッカー部で非常に充実したサッカー生活を送ることが出来ています。 残り1週間程となりましたが、この素晴らしい環境に感謝し、さらに大きな成果を慶應へ持ち帰れるよう精進して参ります。
S__55304225

S__55304226

延世の選手たち

拙い文章となりましたが、最後までご読了ありがとうございました。

《NEXT GAME》
3月25日(日) 天皇杯予選 準決勝 vs東洋大学
@東洋大学グラウンド 13:30キックオフ