オフィシャルブログ

再始動(Bチーム)

2018.02.28

こんばんは。西日本で迎える3日目、懸念されていた悪天候の心配もなく、春の訪れを感じる様な日差しに恵まれて、明日でいよいよ大阪遠征も最終日となります。

3日間で5試合をこなした選手達には少し疲れも見られ、初日に比べて失点が増えていますが、内容的には淺海コーチの指導に沿った満足のいく試合を行えています。相手に関わらず、守備からラインをあげていく攻撃を意識し、毎試合集中した表情が見られました。

2日目は阪南大学を相手に2ー0で勝利を収めたものの、続く関西学院大学との試合では0ー1と得点を許す展開になってしまいました。

2日目の1試合目、試合のペースを掴む展開が続き、開始早々13分、馬場啓輔(新2年・桐蔭学園高)のアシストを立石修也(新2年・慶應義塾湘南藤沢高)が押し込んで本塾がリードします。前半は相手にシュートを打たれるシーンが多かったものの、守護神田原智司(新2年・静岡学園高)が好セーブを連発します。後半ではDF陣が体を張った守備を徹底し、相手チームのシュートを1に抑えると、試合終了間近90分には新入生が追加点を挙げて2ー0で勝利しました。

今大会、無失点に抑えたい本塾でしたが、2日目の2試合目、関西学院大学との一戦では前半37分に失点してしまったものの、攻守ともに理想のプレイが出来た様に思えます。

IMG_4562

 

 

(チームキャプテンを務める飯塚寛人(新4年・慶應義塾高))

 

 

 

 

3日目の1試合目に迎えた立命館大学には前半で得点を許してしまいますが、後半には牛岡佑輔(新4年・慶應義塾高)が体を張ったプレイで今大会初得点を挙げ、1ー1の同点に終えました。

前日の負け試合の借りを返すべく、強い気持ちで臨んだ関西学院大学とのフレンドリーマッチでは、前半は本塾の支配が続き果敢にシュートを放ちます。中々ゴールが決まらないまま試合が進みますが、28分にはPKを獲得し、それを馬場啓輔(新2年・桐蔭学園高)が冷静に決め、1ー0となります。続く32分、一瞬の隙を突かれて1点を折り返されますが後半にはカウンターで持ち込んだ渡邉啓太郎(新3年・川崎フロンターレU-18)が追加点を決め、2ー1に巻き返します。再び相手にゴールを許し同点に追い付かれますが、馬場のクロスに笠篤史(新3年・慶應義塾高)が合わせ、その後の下谷優太(新2年・慶應義塾高)のシュートも枠に収まり、4ー2で見事勝利となりました。

IMG_4563IMG_4566

 

 

 

 

 

 

 

(牛岡のシュートシーン(写真左)と得点に多く絡んだ馬場(写真右))

 

 

学年を超えて仲の良い、笑いの絶えないBチームですが、ピッチ内では個々人が声と体を張り、熱く戦う姿勢が印象的でした。内容の濃い試合を終えた選手達の表情は晴れ晴れしく、夕食時の会話も試合内容で盛り上がりを見せていました。

IMG_4560IMG_4561

 

 

 

 

 

 

 

夕食後のミーティングでは1分間スピーチとして、自己紹介に加えて試合の反省等を語り、Iリーグ開幕に向け、そして悔いの残らない1年にする為にそれぞれが目標を固めました。

今晩から明日の朝に掛けて、全国的に春の嵐となる様です。暖かくなっては参りましたが、皆様くれぐれも体調管理にはお気をつけてお過ごし下さい。試合詳細はこちらからご覧いただけます。遠征で得たものをBチームのリスタートに繋げることが出来る様、残り2試合全力で戦い、この遠征を締めくくりたいと思っております。今後共、温かいご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

文責:内藤舞

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ