オフィシャルブログ

支える人と支えられる人(朝辻一平)

2018.02.22

朝辻平素より大変お世話になっております。今回、ブログを担当させていただくこととなりました、商学部1年の朝辻一平です。

ソッカー部に入部してから1年が経とうとし、あっという間に感じると共に、恵まれた素晴らしい環境の中でサッカーと勉強に時間を費やせることを非常に嬉しく思っております。

さて、突然ですが、私には19年間生きてきて自信を思ってはっきりと言えることが一つあります。それは、「周りに恵まれている」ということです。親や親戚は、もちろんのこと、今までの学校の先生やサッカーのコーチ、クラスメイトや部活の仲間等、皆んないい人で尊敬出来る人ばかりでした。

私は、最近改めてこのことを強く感じました。私は、1年生の夏に自分のサッカー人生にとって大きなことがありました。それは、前十字靭帯断裂という怪我をしてしまったことです。全治は、手術までの期間も入れれば約9ヶ月程です。今もまだ、リハビリの途中で、復帰には後3ヶ月程かかりそうです。この怪我は自分にとって初めてではありませんでした。高校3年生の時にも1回やっており、今回で2回目でした。
正直2回目をやってしまった時は何日間は、絶望していて何もやる気が起きないといった状態でした。同期の、過去に同じ怪我をしていた人とも、前十字靭帯断裂を2回目やったらもっかいやってく自信ないよねなんて冗談半分で話したりもしていました。そんな中でまたやってしまったのです。
しかし、多くの人が自分を支えてくれました。とても心配してくれた家族がいました。怪我してすぐ、大丈夫か?とラインをくれた同期や先輩がいました。早く治せよとサプリメントをくれた高校からの同期もいました。調子はどう?と聞いてきて下さる先輩やコーチもいます。そんな中で自分は、切り替えてまた頑張ろうと思う様になりました。

この様に私の周りにはいつも支えてくれる人がいて、自分を励まして、時には厳しく声を掛け、刺激をくれる家族や仲間、先輩、コーチ、友達がいます。これは当たり前ではなく、とても恵まれていることです。ソッカー部という組織も様々な方の支えがあり成り立っています。私はいつも支えてもらってばかりです。今度は、どの様な形であれ自分が周りを支え、何か与えられる様な人間に成長していきたいと思います。そして、感謝の気持ち、楽しむことを忘れずにトップチームに上がって試合に出るという目標を達成出来る様に日々努力し、頑張っていきたいと思います。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。今後ともご支援ご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ