オフィシャルブログ

多様性(鈴木夏海)

2018.02.19

鈴木夏平素は大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくことになりました、商学部3年の鈴木夏海と申します。初のブログということで何を書くか悩みましたが、私のサッカーに対する持論を書きたいと思います。

私は小学校1年から現在までサッカーを続けてきました。多少の違いはあるものの、部員のほとんどが長い間サッカーを続けてきたのだと思います。サッカーのどんなところがここまで多くの人を惹きつけるのか、私が考えるその理由は「多様性」にあると思います。具体的には、サッカープレーヤーとして活躍する為の方法の「多様性」です。サッカーはメジャーなスポーツの中でも、特に色々なタイプの選手が活躍しています。身長が低くてヘディングが弱いならパスを上手くする、足が遅いならドリブルを上手くする、ボールコントロールが苦手なら球際の強さを磨く。この様に自分に足りないところを自覚して、武器を作ればチームに貢献することは可能だと思います。このことがサッカーの最も素晴らしいところだと私は思います。

この「多様性」という言葉は、ソッカー部という組織にも当てはまると思います。多くの強豪大学のサッカー部はスポーツ推薦のメンバーが中心で、入りたくても実績がなければ入ることが出来ません。しかしソッカー部は基本的に希望者は入部することが可能です。私の学年だけを見ても、強豪校やJ下部出身、内部校出身、指定校推薦で入ってくる人、地方から受験で入ってくる人など、様々なバックグラウンドを持っている部員がいます。そして、この部員の「多様性」を武器にしないといけません。様々な種類の考え方をすり合わせて一つの方向に向かう為に、今まで多くのミーティングを重ねてきたのだと思います。

今シーズンは昨年降格したソッカー部にとって、何としても結果を出さなければならないシーズンであり、私においてもラストシーズンということでその思いは強いです。今までやってきたことを信じて、この1年努力していきたいと思います。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ