オフィシャルブログ

私の同期(笠篤史)

2018.02.03

笠平素より大変お世話になっております。今回のブログを担当させていただきます、経済学部2年の笠篤史です。
まずは、日頃よりOBの方々を始めとする多くの関係者の方々の多大なるご支援のお陰で最高の環境でサッカーが出来ている事、心より感謝申し上げます。

ソッカー部に入部してから約2年が経ちました。私は2年間でチームにほとんど貢献出来ていないだけでなく、迷惑ばかり掛けてしまいました。そんな時いつも救ってくれたのは同期のみんなでした。

私は1年次には主にC2チームに所属していました。トップチームに上がる為には同じポジションだけで少なくとも10人以上追い抜かなくてはいけない立ち位置です。私は塾高出身で全国の舞台も経験していなかったので覚悟はしていましたが、本当に悔しかったです。ですが、部活が楽しくて仕方なかったです。それは同じチームにいた同期とピッチ内外で高め合う事が出来、オフの日には一緒に遊んでリフレッシュするという充実した生活を送る事が出来ていたからです。お陰で腐る事なく1年間を通して真摯にサッカーと向き合う事が出来ました。いつかそのみんなとトップチームでプレーしたいと思っています。当時C2チームの同期だったみんなには本当に感謝しています。

昨年の7月、私は前代未聞の大粗相をしてしまいました。決して許される事ではなく、ソッカー部を辞めなければならない状況に追い込まれてしまいました。そんな時、同期のみんなが手を差し伸べてくれました。私を部に残す為に同期は自分の時間を割いてまで草刈りや雑用をやってくれました。お陰で私は今サッカーを続け、チームの一員として活動する事が出来ています。本当に感謝してもし切れません。(この件については書く事が山程あり、4年のブログリレーでまた書かせていただく機会があると思うのでその時にまた書かせていただきます。)

私の同期は個性豊かなタレント揃いの集団です。ずっとサッカーでエリート街道を歩んで高いレベルで戦ってきた選手もいれば、浪人を経て一般入試で入ってきた選手や私の様に内部出身の選手もいます。全く違う環境で生きてきた42人が揃うと、価値観が違う所もありミーティングなどでは揉める事もあります。ですが、私の同期はみんな共通してサッカーが大好きで日頃から熱心に取り組んでいます。その為最終的にはチーム一丸となって同じ目標に向かう事が出来ると思います。

2年生になるとミーティングの回数が増え、目標を共有する機会がありました。その際、私達は「日本一」というとてつもなく大きな目標を掲げました。昨シーズン関東2部に降格してしまった為、1年で1部に復帰しなければ私達の目標はほぼ実現不可能になってしまいます。その為今年の1年は必ず昇格しなければならない勝負の年です。厳しいシーズンになると思いますが、頼りになる先輩や後輩達と力を合わせ部員全員が同じ目標に向かって努力すれば、今の慶應なら必ず成し遂げられると信じています。

入部してまだ2年しか経っていませんが、私は最高の同期に恵まれたと思います。「日本一」という目標に向かって同期とサッカーが出来る残りの2年間が本当に楽しみでワクワクしています。私個人としては、いつも助けてくれた同期に感謝の気持ちを忘れず、今年こそは必ず関東リーグのピッチに立ってチームに貢献したいと思います。もし出場する事が叶わなかったとしても、置かれた立場でチームの為に何が出来るか常に考え行動していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後共、ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ