オフィシャルブログ

2017年蹴り納め

2017.12.30

こんばんは。
何かと慌しい年の瀬ではございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は、有志でお集まりくださったOBの方々と現役による蹴り納めが行われました。
OBの方々と共にプレーすることが出来た今年最後のサッカーは、大変有意義なものとなり、改めてソッカー部の伝統と歴史を実感しました。現在私たちは学生主体を掲げ、学生による自治のカルチャーが根付いた組織構造となっているものの、他ならぬOBの皆様のお力添えがあってこそのソッカー部であることを再認識しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

蹴り納め

 

 

記念撮影の様子

 

 

 

 

さて、時の流れは早いもので今年も残すところあと2日。今シーズンを振り返ると、様々な出来事が想起されます。

4月、関東リーグ開幕。
開幕戦に勝利するもののその後2連敗、第4節専修大学戦の勝利の後も上手く波に乗ることが出来ずに、夏の中断期間を前に、11位で折り返します。このままではいけないという危機感がチーム全体に漂い、やるしかないという覚悟を決めて勝負の夏に挑みました。

手塚

 

 

主将としてチームを引っ張った手塚

 

 

 

 

7月、早慶サッカー定期戦。
ご来場いただきました皆様、AbemaTVの放送をご覧いただいた皆様、OBの皆様を始めとする早慶戦にご尽力いただきました皆様、誠にありがとうございました。今年は、運営面において新たな施策の導入があり、満員には及ばなくとも近年最多の観客動員数を記録しました。しかし、結果は1-5の大敗。上手く処理しきれない悔しさがチーム全体を覆いました。

早慶戦

 

 

スターティングイレブンとエスコートキッズ達の記念撮影

 

 

 

 

9月、関東リーグ後期開幕。
巻き返しを図るべくリーグ戦が再開されたましたが、勝ち点を積み上げることができず残留争いから抜け出すことが出来なかった後期。第13節法政大学戦で後期初白星を挙げるも、その後は負けが先行する苦しい戦いが続き、降格という形で関東リーグが幕を閉じます。毎週末、当然のように存在していた関東1部リーグの舞台で勝つことの難しさを痛感しました。

最終節、円陣

 

 

関東リーグ最終節の試合前

 

 

 

 

12月、新人戦全国大会。
6日間に5試合というタイトなスケジュールを、登録メンバー、スタッフ、応援などのサポートメンバーが一丸となって戦い抜きました。全国大会決勝という舞台まで進んだものの、最後力が及ばず準優勝という結果に終わりました。優勝こそ叶わなかったものの、来シーズン以降に繋がる経験を積むことが出来ました。

円陣

 

 

試合前、円陣を組む選手たち

 

 

 

 

以上、これらは数ある出来事のほんの一部に過ぎませんが、激動のシーズンとなりました。

2017年も、温かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。部員一同、心より感謝しております。同時に、タイトルを獲得することは出来ず、多くの歓喜・感動を皆様にお届けするという大望を叶えられなかったシーズンになってしまったことを大変重く受け止めております。

真の強いチームになるためには、厳しい戦いに勝ち続けなければならないことを私たちは過去の経験から知っています。だからこそ、降格に終わってしまった2017年シーズンを通して、「勝利」がこの部に属する人間の絶対的な使命であると強く感じました。私たちは、その責任を強く自覚し、ここ下田で紡がれた歴史と伝統を継承しつつ、新たな歴史を積み重ねなければなりません。これからも本塾ソッカー部は、皆様に愛され、大学サッカーを代表する存在へ成長していけるよう、サッカーを追求し続けます。

来シーズンも引き続きご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎え下さい。

文責:奥山大

記事一覧

月別アーカイブ