オフィシャルブログ

きっかけ(江本優貴)

2017.12.18

江本こんにちは。平素は大変お世話になっております。総合政策学部2年の江本優貴です。

『成功する人には必ずきっかけがある。』
この言葉は、私をこれまで育ててくれた大宮アルディージャの育成部長を務めており、なでしこJAPANでもコーチをなさっていた中村順さんがおっしゃっていた言葉です。
成功している人には共通して、何かしらのきっかけがあります。

確かに、私の人生を振り返ってみても、手にした成功には必ずきっかけがありました。例えば、今こうしてブログを書き、素晴らしい環境でプレー出来ていることにも、慶應義塾大学に憧れつつも合格する自信が無く、指定校で進学しようとしていた私の気持ちを察したアルディージャのコーチが私に歩み寄り、受験を決心させてくれたというきっかけがあります。ユースでは全員がグラウンドの隣にある素晴らしい寮で生活させてもらい、サッカーに集中出来る環境を整えていただいていました。共に生活するチームメイトのほとんどがスポーツ推薦での進学を決めている中で、私は、進路が決まっていない状態でサッカーを頑張ることに対する不安やサッカーと受験の両立に難しさを感じていました。しかし、コーチと話していく中で自身が勝手に自分の限界を決めていたことに気が付くことが出来て、サッカーだけでなく受験に対しても全力で取り組む決心をすることが出来ました。私が今ソッカー部でプレー出来ているのはそのコーチのおかげであり、本当に感謝しています。

そしてソッカー部に入るというきっかけを経て、多くの人の支えがあってサッカーが出来ているということに気が付きました。ソッカー部は学生主体の組織で、自分の役割を全うする部員と、見えない場所で仕事に取り組む学生スタッフの努力によって成り立っています。そんな中、私達2年生は粗相を重ねてしまい、代バック(下級生扱いに戻されてしまうこと)してしまいましたが、これをきっかけに改めて一人ひとりの行動が組織に与える影響の重みを感じることが出来ました。また、同期から学生スタッフを出すこの時期は、同期や先輩との対話を通して自分がどの様にチームに貢献するのか、学年としてどの様に取り組んでいくのかを考えるきっかけとなり、この部に貢献したいという強い思いを抱く様になりました。

この様に、私達の現状は過去の何らかのきっかけの延長線上に存在しており、私達の周りには普段意識している以上にきっかけが溢れていることに気が付きます。しかし、そのきっかけはチャンスという形をしている訳でもなければ、必ずしも負の前兆を知らせてくれるとは限りません。すなわち、出来事そのものが善か悪かという意味を持つというよりむしろ、当事者がその出来事の重要性に気付いて行動を変えることによって、その出来事が成功へのきっかけとなるのです。

今年は、歴史と伝統あるソッカー部の先輩方が掴み取り、継承されてきた関東リーグ1部という舞台を失うという非常に悔しく、そして不甲斐無い結果に終わってしまいました。この部に残り来年を戦う下級生は、来年1部に戻す使命があると共に、この結果を今後のソッカー部の飛躍に繋げるきっかけにしなくてはなりません。そんな中、明日から1、2年生だけで出場する新人戦の全国大会が始まります。悔しい結果に終わった今シーズンの最後の大会では何よりも結果が求められていると思います。私は、この新人戦チームの主将を任せていただいたので人一倍責任感を持ってチームの勝利に貢献します。

新人戦全国大会への切符を勝ち取ったこと。これは、多くの方々の応援の上に成り立つものです。この全国大会を振り返る時、全国大会という事実から繋がる未来はどの様なものか、どんな未来へのきっかけとして認識されているのかはまだ分かりません。でも、この全国大会をきっかけに強くなれたんだとみんなが笑顔で振り返る未来を信じています。そして、まずはこの大会を来年の「1年で1部に復帰する」という目標を達成する為のきっかけと出来る様、全員で戦い抜き、優勝という結果を掴み取ります。応援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
12月19日(火) 第1回全日本大学サッカー新人戦 第1戦 vs甲南大学
@流通経済大学グラウンド 14:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ