オフィシャルブログ

伝統と変化の中で(安藤謙生)

2017.12.07

安藤こんにちは。今回のブログを担当させていただくことになりました、環境情報学部1年の安藤謙生です。色々な方の支えがあって充実した日々を過ごせていることに幸せを感じ、生活しています。今回は、僕が大学生になってから感じた違和感の一つを言葉にしてみました。

午前4時20分。今日もアラームの音と共に1日が始まります。振り返るとこの10ヶ月、所属するカテゴリーの練習時間と授業の時間割の関係で1週間のほとんどは始発電車に乗っていました。一方で高校の時は早くて6時半、遅くて8時に起きていました。今のは一例ですが、何かのきっかけで生活は一変します。ソッカー部入部当初は様々な変化が不安で仕方ありませんでした。高校の時の何もかもが少しずつ変化していることに気付き、悲しくなる時があります。人は、変化に不安と喪失感を抱きます。

皆さんは変化について考えたことはありますか?僕が兄貴のように慕っている先輩(友達)の言っていたことがとても核心を突いていたので紹介します。

「田舎から東京に出てきた人が、数年後に故郷に戻ってみたら都市化してた。謙生ならどう思う?」

多くの人が喪失感を感じると思います。僕もそうです。帰る場所が無くなったかの様な感覚に陥ると思います。そしてこの後、彼はこのようなことも言っていました。

「変化することがその場所の為になるなら俺は変化を受け入れる」

僕もそう思います。大学生になり、伝統をとても大切にしていることを実感する機会が多くあります。しかし、伝統を守ることがベストな選択ではない時があるのではないでしょうか?帰る場所を残しておきたいというエゴであったり変化を恐れていることであったりで、今、その場所で生きる人達を縛り付けているのではないでしょうか?僕は伝統も変化も受け入れた上で最もベストな選択をするべきであると思います。
皆さんはどう思いますか?

拙い文章でしたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《NEXT GAME》
12月19日(火) 第1回全日本大学サッカー新人戦 第1戦 vs甲南大学
@流通経済大学グラウンド 14:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ