オフィシャルブログ

後悔の無いように(藤本賢介)

2017.10.29

藤本

数少ない塾高ソッカー部の同期である小川豊からバトンを受け取りました。経済学部4年の藤本賢介です。
今回ブログを書く機会をいただきましたので、短いながら私が今感じていることを綴りたいと思います。拙い文章ですが最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

今までのソッカー部生活を振り返ってみると、楽しいことと同じ位辛いことも多かったような気がします。
高校でも満足に試合に出ていなかった自分にとって、周りは常に上手な人たちばかりでした。関東リーグで活躍する先輩方は文字通り雲の上の存在でした。
サッカー面以外でも、1年生の時は粗相(部の規則に違反すること)を連発し、自分のミスの挽回の為に同期や先輩を巻き込む事態となり多大な迷惑を掛けました。
2年生の時はグラマネミーティングを通して、自分の部における存在意義を考えさせられました。年末、九州に帰省中にも関わらず同期や先輩にひたすら電話を掛け、その答えを導き出そうと必死でした。(色々と相談に乗ってくださった織井さん、山口さん、吉岡さん、山鹿さん、書き出したら切りがありませんが、諸先輩方、本当にありがとうございました。)

入部してからの2年間の経験を通して、自分がいかに未熟な人間であるかを思い知らされました。周囲と比較して自分が情けないと感じることもありました。
だからこそ上級生になるにあたり、自分の意識を変えようと思いました。
同期からの厳しい声や、夢を諦めてグラマネの道を選んだ同期に対する責任はもちろん、先輩達が常に本気で戦う姿に触れ、自分がソッカー部に入部したという選択を後悔したくないという気持ちがあったからです。

それから2年近くが経ち、リーグ戦最終節まで残り3週間となり、今後悔が全く無いと言えば正直嘘になります。
個人的にはシーズン始めに負った怪我の影響で9月末までサッカーをすることが出来ない日々が続き、今シーズンを棒に振りました。いつ治るか目処すら立たない怪我のリハビリに、毎日のように過去の自分と向き合い、未来を考える就職活動も加わり、理想通りにいかないことばかりでした。
チームがリーグ戦でなかなか勝利出来ない苦しい状況の中、後輩だったときに自分が今まで感じてきた4年生の責任感を今の後輩達が感じてくれているのか。怪我の期間中、もっと自分に出来ることがあったんじゃないか。あるんじゃないか。スタッフでもトップチームでも無い、一選手としての自分がどこまでチームに影響を与えられるのか。正直分かりませんが、出来たことは山程あったはずです。
しかし、今は後悔なんてしている暇が無いくらい兎にも角にもチームが勝つ為に動くことが必要だと思っています。その為には練習中の一つひとつのプレーであったり、ピッチ内外での振る舞いにおいて隙を見せてはならないと思います。後悔を減らす為には今からの行動を見直して、存在感を発揮するしかない、そう思って行動している最近ですら後悔が残ります。

今シーズン、ソッカー部が関東1部に残留出来るかどうかはトップチームの活躍に懸かっていますが、彼らに刺激を与えられるのは下のチームの選手しかいません。
現に後期の東洋戦は、B,Cチーム、フットサル全てのチームが勝利したその翌日の試合で勝利しました。私が1年生の時、リーグ戦最終節の西が丘での早慶戦に勝利しインカレ出場を手にした際も前日の試合で全てのチームが勝利していました。トップチームが勝つ為にはB,Cチームの力が、刺激が、必ず必要です。
試合に出る選手、出ない選手、一人ひとりが今の自分の目標に向かって後悔の無いように日々を過ごすこと。その毎日の積み重ねをチームの雰囲気に繋げることが出来れば大きな力になります。チーム一丸となって戦うことが出来れば必ず残留出来るはずです。

全員で残り一ヶ月後悔の無いようにやり切りましょう。
纏まりのないブログでしたが最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

次回のブログを担当致しますのは、今シーズン大躍進を遂げた”たけぶ”こと竹渕竜斗です。溜息が出るほど素晴らしいボールタッチでファンを沸かせる彼の最後のブログにご期待ください。

《NEXT GAME》
11月4日(土) 関東リーグ戦 第20節 vs明治大学
@三ツ沢公園陸上競技場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ