オフィシャルブログ

慶應義塾の強み(小川豊)

2017.10.29

小川

平素は大変お世話になっております。不機嫌そうな顔をさせたら天下一品の廣畠からバトンを引き継ぎました小川豊です。今回のブログでは、幼稚舎に入学して慶應の中で育ってきた自分が、今想うことを綴りたいと思います。

ソッカー部に入部し、これまで活動してきて、この組織程異なるバッググラウンドを持った人達が集まるサッカー部は無いなと思うことが多くなりました。私の様な塾高出身者、ユースや強豪校出身のエリート達もいれば、逆にあまり強くない高校出身者、更には海外の高校出身者等、本当に様々な部員がいます。ソッカー部ではその様な全く異なる環境でサッカーをしてきた人達が、サッカーを通じて自分達の価値観を築き上げていきます。先輩方が積み上げてきたものを、また違った経歴を持つ後輩達が更に良いものへと受け継いでいく。これこそが慶應義塾体育会ソッカー部の強みであり伝統だと思います。

また、これまで慶應義塾の中で育ってきてOBの方々はもちろんのこと、幼稚舎、普通部、塾高等を含む一貫校の存在が他の大学には無い大きな力を生んでいると思います。

泣いても笑ってもあと3節、慶應義塾の伝統と強い絆を力に変えて、必ず残留を掴み取りましょう。応援の程、宜しくお願い致します。

そして最後に、今まで関わって下さった方々へ感謝の気持ちを伝えたいと思います。これまで18年もの間、サッカーを続けてこれたのは、私を支えて下さった皆様のお陰です。本当にありがとうございました。

次回はコーヒー豆をこよなく愛する藤本賢介です。ご期待下さい。

《NEXT GAME》
11月4日(土) 関東リーグ戦 第20節 vs明治大学
@三ツ沢公園陸上競技場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ