オフィシャルブログ

辞めてから気づくこと(内山航)

2017.10.20

内山

新入生として関東リーグ出場を目指し、入部しましたがあっという間に引退間近になってしまいました。私がこの部活を通して感じてきた思いを話したいと思います。
私は高いレベルの選手達と切磋琢磨し、関東リーグに出場したいという目標を掲げこの慶應ソッカー部に入部しました。ただ内心では、関東リーグに出れるだろうという甘い気持ちがありました。高校時代に、国体選抜等に選出され自分のプレーに自信を持っていたからです。ただ、入部してすぐに理想と現実の違いを突き付けられました。CチームでIリーグには出場できたものの、結局それより上のカテゴリーに行くことは無く、2年生の冬になりました。その頃はグラマネを学年ミーティングで選出する時期でした。度重なる話し合いを行った結果、私はグラマネに選出されました。勿論、1人の人間として今までの行動が評価されたことは喜ぶべきことです。ただそれ以前に関東リーグ出場を目指し入部してきた私にとって、サッカー選手としての可能性が無いと評価されたことが、自分自身に情けなくて、悔しかったです。だからこそ、そこで味わった思いを糧にし、C2から関東リーグに出場する選手を輩出することを本気で目指し、指導しています。

約15年ほど続けてきたサッカーを辞め、グラマネになってから気づかされたことがありました。それはサッカーがとてつもなく好きだったということです。C2 の選手達がボールを蹴る姿を見て、私も毎日の様にサッカーがしたくなります。(フットサル部に所属させてもらったり、サッカー部の練習でも結構混ぜてもらっていますが、、、)
練習中のしんどい走り込みや自分の思い描いているプレーが出来ずにサッカーをすることが辛くなっている部員がもしかしたら居るかもしれません。ただ、そこで目標に向かって努力することを絶対に諦めないで欲しいと思います。サッカーというものが自分から無くなってから、サッカーがどれ程好きだったか、プレーしている時間が自分自身にとってどれだけ貴重なものだったか気付かされます。多くの部員がこの4年間でサッカー人生に終止符を打つことになります。 だからこそ、選手達にはこの貴重な時間を真剣に自分自身と向き合い、目標に向かって努力し、全力でサッカーを楽しみ、各々が引退する時にやり切ったと思える様に過ごして欲しいと思います。

私の指導しているC2 は現在Iリーグ2部で戦っています。チームとして掲げた3位以内という目標に向かって残り2試合勝利出来る様に頑張りたいと思います。又、現在トップチームはかなり苦しい状況が続いています。絶対残留する為にも、全力で選手達のサポートをしていきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。
次は、トップチームのエースである、闘牛フィジカルモンスターの池田豊史貴です。

《NEXT GAME》
10月22日(日) 関東リーグ戦 第18節 vs東洋大学
@東洋大学グラウンド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ