オフィシャルブログ

自分を見つめ直す(田野稔明)

2017.09.26

田野

関西出身なのに全くボケない吉田からブログリレーを引き継ぐこととなった4年唯一のGKの田野稔明です。

遂に先日恭平さんの劇的なゴールのお陰もあり、5月以来の勝点3を勝ち取ることが出来ました。
あの恭平さんが関東リーグで初ゴールを決め、残りの時間をチーム全員で守り切り勝利した瞬間、自分の中で色々な感情がこみ上げてきました。その気持ちを拙い文章ながらここに綴らせていただきます。

自分は内部生出身としてこのサッカー部の門を叩きました。
分かっていたことではあるのですが、実際に入部してみると周りは全国の強豪校から選手が集まってきており、練習は高校に比べとてもレベルが高く正直付いていくだけで精一杯でした。
何度も逃げたくなりました。私はとても弱い人間です。そんな弱い人間の私は自分と向き合わず周りのせいにするようになりました。失点したとしても今の失点は味方のDFが悪かった、今のシュートはどんなGKでも取れない、天気が悪かった、などと仕方ない言い訳を並べ、自分の小さなプライドを守りながらプレーする日々でした。

気付いてみると高校時代から全く成長していない自分が居ることに気付いてしまいました。日々の練習を熟し、言い訳を重ね、情けない人間が出来上がっていたのです。

そこで初めて自分の弱さと真っ向から向き合うことの大切さに気付くことが出来ました。自分は本当にサッカーが下手です。でもそんな下手な自分には何が足りないのか、自分には何が必要なのかを真剣に考えられるようになり、ほんの少しだけ成長出来た様な気がします。

私達は前期で2勝しか挙げられず、後期リーグでは残留を目標として厳しい残留争いを繰り広げることになるのだと思います。この先、目の前の現状から思わず逃げたいと思ってしまうこともあるかもしれません。
そんな時人間は自分ではなく他のものに責任を擦り付けようとします。それが一番楽で簡単だからです。

自分を認めてくれないのは周りが分かってくれないからだ。

昨日勝てなかったのはたまたま調子が悪かったからだ。

試合には負けたけど自分は試合に出てないから関係ない。

周りのせいにするのは止めにしよう。
自分を認めてくれないのは自分が下手だからです。調子が悪かったのは自分のコンディション調整が下手だからです。チームが負けたのは試合に出てそのチームの危機を救えなかった自分が悪いのです。試合に出ていなくたって、Iリーグで勝ってチームの雰囲気を良くしたり死ぬ気で応援したりいくらでもやることはあります。法政戦では駒野や安井が中心となって作り上げた応援が紙一重のところでピンチを救い、そしてあのゴールに繋がったのだと勝手に考えています。

私はこんな当たり前のことを忘れかけていたかもしれません。自分は今試合に全く関わることがで出来ていません。しかし今の自分に何が出来るのか、何をしなければいけないのかをもう一度自分自身に問いかけ続けながら残り9節を走り抜けていきたいと考えています。

次は小さい体の中に秘める熱い思いは誰にも負けない我らの副将である片岡立綺です。

《NEXT GAME》
10月1日(日) 関東リーグ戦 第14節 vs専修大学
@佐倉市岩名運動陸上競技場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ