オフィシャルブログ

貢献することの難しさ(澤田泰佑)

2017.09.10

澤田
経済学部4年の澤田泰佑です。OBの皆様、関係者の皆様に支えていただきながら、何とかサッカーを続けてくることが出来ました。ありがとうございます。

4年生ブログリレーのトップバッターとなります。この部で感じたことを素直に書きたいと思います。

現在、ソッカー部は崖っぷちに立たされています。もう、一敗もしたくありません。

ソッカー部ではチームが勝つ為に数多くのミーティングを重ねてきました。その長い長いミーティングの中で常に考えなければならない議題の一つとして、
「どの様にソッカー部に貢献出来るか」
があります。トップチームに所属し試合に出ることが一番の貢献、という考えもありますが、試合に出ることだけでは、何かが足りません。
「試合に出て勝利する」
ことが正解だと考えます。しかし、試合に出られるのは11人だけ、出られない選手達はどの様にソッカー部に貢献出来るのか、が大事になります。

私の場合は、試合に出るというチャンスを掴めなかった為、学連幹事という、部員の中では理解が薄いですが、大切な仕事をしています。その仕事によって、少しではありますが貢献していると自負しています。たとえ、全員に分かってもらえなくてもソッカー部が円滑に活動出来る様に、こつこつと働いています。大学サッカーの運営が主な仕事ですが、練習にも参加出来ないことも多くあります。練習に参加出来ず、試合に出るチャンスが少なくなることは良いことではありませんが、ソッカー部の為に働いているという自覚があります。

私の様に、スタッフであれば貢献度が示し易いのですが、役割を与えられること無く、自分自身で見つけ出すことはとても難しいです。しかし、前期リーグでの悔しさを晴らす為には部員全員の力が必要です。チームが勝つ為に一人ひとりが何か一つだけ、どんなに些細なことでもいいのでこの部に対して出来ることを考え実行していけば、今まで以上にソッカー部は常勝出来ると思います。今からでも、遅くありません。まだ時間はあります。4年生のみならず、誰一人サボることなくやり切ってほしいのです。

私も、最後の数ヶ月全身全霊で取り組んでいきます。

今後、ソッカー部に夢を抱いて入部してくるであろう後輩達に恥じない様な最後を迎えたいと切に願っています。

次は誰よりも熱く、毎週火曜日はチームが勝つ為の儀式(リサーチの仕事)がある為遊びに誘っても断られてしまう櫻井陽平です。普段は聞けない彼の内に秘めた熱い思いを表現してくれることを願っています。
最後までお読みいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
9月16日(土) 関東リーグ戦 第12節 vs日本体育大学
@県立保土ヶ谷公園サッカー場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ