オフィシャルブログ

次のステージへ(Bチーム)

2017.08.31

こんばんは。
8月も最終日となり、世間では夏休みの終わりを感じる頃となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

Bチームは本日をもって、TRAUM CUP 2017 東日本 in SUMMERの全日程を終えました。
前回のブログにて、無失点で予選リーグを勝ち上がった様子をお伝えしましたので、今回は遠征3日目以降の決勝リーグの様子をお伝えします。
試合速報ブログはこちらをご覧ください。

遠征3日目、朝は日差しが照り暑さを感じましたが、徐々に気温が下がり始め、1試合目は過ごしやすい気候の中での試合となりました。決勝リーグ1戦目の対戦相手は流通経済大学でした。
優勝への足掛かりとしてここを勝ち抜きたいところでしたが、連日1人1試合をフル出場で回していた為に、選手には疲労の色が濃く見られました。それでもこの遠征のテーマである「スピード」を意識し、選手全員で奮闘しましたが、序盤に失点を許してしまい、0ー1で敗戦を喫してしまいました。

 
IMG_3434

 

 

 

 

 

 

 

(試合前の円陣の様子)

決勝リーグはトーナメント式の為、この試合にて優勝への道を逃してしまいましたが、続く2戦目は宿敵・早稲田との早慶戦となりました。

去る7月15日の定期戦での雪辱を果たす為に、部員一同再び気持ちを奮い立たせ試合に挑みました。19分、CKからのこぼれ球を決められ先制点を許してしまいますが、続く21分に獲得したFKからのこぼれ球を多嶋田が決め、1点を返します。攻撃の手を緩めることなく24分に多嶋田が再び逆転弾を決め、2ー1で前半を終えました。流れに乗った本塾は、後半も立て続けに2点を捥ぎ取り、見事4ー1で勝利を収めることが出来ました。

IMG_3427 2 IMG_3430

 

 

 

 

 

 

 

(1枚目:2得点を決めた多嶋田雅司 2枚目:勝ち越し弾を決め喜ぶ風間真哉)

最終夜はグラウンドマネージャーの本田が作成した試合の反省映像を見ながら、ミーティングを行いました。加えて、「サッカー」をテーマに1人1分間のスピーチを全員が発表し、ソッカー部へ入部した理由や、目標、今後の意気込みを共有しました。

迎えた遠征最終日。
台風の影響で強い風と雨が降り、残暑とは思えない冷え込んだ気候となりました。順位決定戦の対戦相手は初日で戦った中央大学でした。勝利を収めた相手として、決して負けることの出来ない試合となりました。前半、相手の柔らかいシュートがGK吉江の頭上を越え先制点を許してしまいますが、後半に選手を大幅に入れ替え、2点を巻き返します。
終始雨足が強く、ボールの速度が読めなかったり、足元の滑りやすいピッチの中でしたが、最後の力を振り絞り、2ー1で見事勝利を飾りました。

今回の遠征では、遠征前日に目標を共有し、試合前のミーティングでも選手が目標を意識しているか確認してから試合に臨んでおり、終始目標の共有を徹底していました。この目標の共有は、2日目に激励訪問をして下さった鹿島アントラーズ井畑前会長も重要なことだとおっしゃっていました。
勝利への執着心、チーム内での目標の共有。基本的なことでも、この2点を徹底したからこそ、この遠征で数々の勝利を収められたのだと思います。反省する点も勿論ありましたが、良いプレーと併せて振り返りながら、この遠征で得た自信を基盤に、後期のIリーグも勝ち抜いて参ります。
今後共ご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

文責 桑原美里

《NEXT GAME》
9月16日(土) 関東リーグ戦 第12節 vs日本体育大学
@県立保土ヶ谷公園サッカー場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ