オフィシャルブログ

私にとっての早慶戦(新居俊介)

2017.08.12

新居

平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただくこととなりました、法学部法律学科1年の新居俊介です。今回『私にとっての早慶戦』について書かせていただきます。初めてのブログで拙い文章ですが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

私は慶應義塾中等部サッカー部から川崎フロンターレU-18を経て、大学で慶應義塾体育会ソッカー部に入部しました。中学で慶應のユニフォームを着て戦い、高校で1度そこから離れた後に、また慶應に戻って来るという珍しい経験をしています。本当に下手くそな私も、少しずつ成長してここまで来ることが出来ました。私がこうした経歴を辿れているのも、その時々で素晴らしい指導者や仲間に出会えたからです。また、川崎フロンターレU-18ではサポーターの方々の存在もとても大きかったです。トップチームの試合等と上手く日程を工面しながら練習や試合に足を運んでいただき、多くのサポーターの方々に後押ししていただきました。とても感謝しています。高校3年間で慶應の部活ではサッカーをしていなかったことで「お前には慶應の血が流れていないんじゃないか」と言われることもありますが、それは違います。むしろ、高校3年間の方が慶應を意識して生活をしていました。なぜならユースチームで活動する時、自分の言動が慶應生の言動として見られているからです。特にピッチ外では良いことをした時も悪いことをした時も「お前は慶應だから…」と言われることが多く、最初はなんでこんなに周りは慶應と言ってくるんだろう、と思っていましたが、段々と自分が慶應生の代表として見られていると感じるようになりました。その為、大げさかもしれませんが、私生活から慶應の名を背負っているという意識のもとで生活する癖が付きました。卒業してから等ではなく、在学中にこの様な経験が出来ることは、あまりない良い経験だったなと思います。またこうして今、慶應のユニフォームを身に纏ってピッチで戦えることがとても嬉しいです。

さあここで今回のタイトルにもある早慶戦の話に移りましょう。私が初めて早慶戦を見たのは昨年のことです。私は、前半が始まって5分くらい経った頃に等々力陸上競技場に到着したのですが、その瞬間にとても驚きました。そこにはJリーグ並みの大勢の観客がいました。また、早慶戦ならではのバチバチした雰囲気、ピッチの熱気が溢れていました。その光景に鳥肌が止まりませんでした。J1で戦う川崎フロンターレの等々力陸上競技場での、たくさんのサポーターの方々が作り出す試合の雰囲気とも違い、学生が作り出す雰囲気にとても高揚しました。結果は0-1で敗戦してしまい、早稲田に5連敗を許す結果となってしまいましたが、その試合を見た後から私の心は、勝敗等は忘れて、「あの早慶戦のピッチに立ちたいな」という気持ちでいっぱいになりました。

そして今年の早慶戦で、運営や試合の準備をする主務・副務やマネージャーを見ながら、早慶戦が近づくに連れて1年前の早慶戦の光景を思い出してワクワクが止まりませんでした。当日は応援席からピッチで戦う選手達を応援しました。しかし結果は1-5と大敗を喫してしまいました。スタンドから早稲田の喜ぶ姿、慶應の下を向く姿を見ることしか出来ませんでした。悔しいという気持ちでいっぱいになりました。自分の出ていない試合に負けて悔しいと思うことはあまりないのですが、これはきっと他の大学に負けることとも違い、早稲田には絶対に負けたくないという気持ちがあったからだと思います。今までの人生で、早稲田に負けたくないと考えることは殆どありませんでしたが、この早慶戦を機に早稲田とは絶対に負けてはならない相手なんだなと強く思うようになりました。また、昨年感じた「早慶戦のピッチに立ちたい」という思いは増し、今は「早慶戦のピッチに立って慶應を勝たせたい。早稲田には絶対に負けたくない。」という風に思う様になりました。ソッカー部に入部してから早慶戦を経て自分の中の意識が変わったように思います。しかし自分はまだまだ下手くそです。試合に出たりするには足りないことだらけですが、その思いを表現出来る様に、1日1日を大切にしてこれからもっともっと精進していきたいと思います。そして、必ず慶應のゴールを守って早稲田を倒したいと思います。

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。
今後共、ソッカー部へのご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
第54回慶應・延世サッカー定期戦
8月19日(土) 15:00kickoff @日吉陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ