オフィシャルブログ

感謝(山村桂介)

2017.08.09

山村

こんにちは。平素より大変お世話になっております。この度、初めての部員ブログを担当することになりました、法学部政治学科3年の山村桂介です。今回、私は「怪我をした際に支えてくれた全ての人たちへの感謝の意」をこの場をお借りして表したいと思います。
拙い文章ですが、最後までお付き合いください。

私は大学3年になって、サッカー人生初の怪我による約半年余りの長期離脱を経験しました。幸い先月の7月に復帰することが出来たのですが、この約半年のリハビリ生活は幼少期からのこれまでのサッカー人生で1番過酷なものでした。実際、グラウンドでも家でも何度も泣きました。サッカーが出来ないことがこれ程までに辛いことなのかと痛感した日々でした。また、私が負った怪我は、完治することが難しいグロインペインという怪我でした。その為、復帰の目処を中々立てることが出来ず先が見えなかったので、正直、挫折しそうにもなりました。

しかしそんな時、周りには私の怪我の状況を気にしてくれる同期、先輩、後輩がいて、常に激励してくれる病院の理学療法士の方や家族、友人がいました。ちょっとしたことでも声を掛けて気にしてくれただけで、本当に心の支えになりましたし、このように支えてくれた人達の為にも早く復帰したいと前向きに考えられる様になりました。また、怪我から復帰した時には「良かったな」と声を掛けてくれたり、自分のことの様に喜んでくれたりと、そのような周囲の人達の心遣いが何ものにも代え難い喜びでした。
本当にありがとうございました。

確かに、怪我は時間の無駄ですし、周りのライバルには置いていかれますし、マイナスなことしかありません。しかし、私は今回の長期離脱を経験して、周囲の人が支えてくれるありがたみをものすごく実感しました。そしてその人達のサポートがあって初めてサッカーをすることが出来るんだと改めて認識する事が出来ました。また、この経験を糧に怪我をしない体作りをしていくと共に、ライバルに差を付けられた分を取り戻し、更なる向上心を持って自分の目標へ突き進もうと思います。
そして、これからは自分がその支えてきてくれた人達への恩返しをしていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今後ともソッカー部へのご支援、ご声援の程よろしくお願いします。

《NEXT GAME》
第54回慶應・延世サッカー定期戦
8月19日(土) 15:00kickoff @日吉陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ