オフィシャルブログ

人造人間16号(石井翔)

2017.06.21

石井2

今回のブログを担当させていただきます経済学部2年の石井翔です。

突然ですが私は最近、誰にも言っていない新たな目標を見つけました。今回はその目標を見つけた経緯と理由について書きたいと思います。非常に拙い文章ですが、最後までお読みください。

私は以前からトップチームの試合に出て活躍する、という目標に向かって全体練習をして、授業後には同期の部員とトレーニングを行うという日々を繰り返していました。今でもその目標は変わっておらず、この習慣を変えるつもりはありません。

下手くそな私だから、これからも人より多くの時間練習していくつもりです。しかし、何処か全体練習をただ熟すだけになっている自分、また自主練の時にはグラウンドに来ることに満足している自分がいました。そんな自分に気づいたのは最近で、4月末から始まったIリーグを戦って来て学んだことです。

私の所属するC1チームは現在、6戦1勝5敗で最下位となってしまっています。理由は単純で、得点力不足が原因です。6試合をしてチーム合計4点しか得点をしていません。FWである私の得点は0、得点したのは全てチームメイトです。とても悔しいです。自分は交代して出場時間が短いんだと、言い訳したこともありました。FWとして得点出来ない、情けない自分を認めたくなかったのかもしれません。そして公式戦以外にも練習試合含め、練習の紅白戦でも得点出来ない日々が続いていくうちに、いつの間にか点を取ることに自信を無くしてしまっていました。カウンターのチャンスには、パスの選択と自分でシュートまで行く選択を迷ってしまい、ボールを奪われ逆にピンチになる、最悪でした。

何とかこの状況を打開したいと思い、私は何故点を取れないのか考えてみました。ここで自分について客観的に考えたことが良かったと思います。私にはエゴが足りない、優し過ぎるのではないか、という結論を得ました。そんな時、ふと中学の頃の監督からの言葉を思い出しました。「お前は人造人間16号になれ」と。当時はこの言葉の意味をよく理解出来ていませんでしたが、今なら分かる気がします。人造人間16号とはドラゴンボールに登場するキャラクターです。普段は穏やかで争いは好まない性格ですが、大事な場面では力を発揮して仲間を助けます。つまり中学の監督が言いたかったことは、普段の自分とサッカーをする自分の性格を変えろということだったのだと思います。確かにサッカーに於いてFWなら特にある程度のエゴは必要かもしれません。

それから私は、サッカーをする時はエゴイストになることを意識し始めました。それも僅か1、2週間前のことです。まだまだ意識し始めたばかりですが、次のIリーグまで約1ヶ月空きます。それまでにまずは、練習から少しずつ変わっていき、次節は試合出て必ず得点したいと思います。FWとしてチームが苦しい時に点を取れるような選手になる為、私は人造人間16号を目指します。

以上が私の新たな目標と見つけた経緯、理由です。
また、今年のIリーグは前期と後期で同じ相手と2度対戦する機会があります。前期でやられた分、しっかり後期にやり返してやろうと思います。そして何より、ゴールを決めてサッカーの楽しさを追求していきたいです。

《NEXT GAME》
6月25日(日) 関東リーグ戦 第11節 vs桐蔭横浜大学
@龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ