オフィシャルブログ

険しい道のり(関東リーグ戦第6節)

2017.05.22

こんにちは。
太陽が照りつけ夏の訪れを感じる季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。昨日行われたリーグ戦第6節 日本体育大学戦では会場であるShonan BMWスタジアムでも最高気温が30度を超え、真夏日となりました。前期を上位で終える為にも負けられない一戦でしたが、結果は0-2で敗戦しました。
S__32285168
 

 

 

 

 

 

前半、立ち上がりは日体大がペースを握りますが、主導権を引き寄せようと本塾も徐々に攻撃を仕掛けます。関東リーグ初先発となった松岡や杉本・近藤を中心とした攻撃陣が相手ゴールに果敢に攻め込みますが中々シュートまで持ち込むことができません。日体大も攻撃を仕掛けますが岩崎・沼崎を中心とした守備陣が落ち着いて対応し、得点を許しません。試合は均衡した状態でお互いに決定機を作ることが出来ず、0-0で前半を終えます。
後半、まずは先制点を奪いたい本塾でしたがボールを保持することが出来ず、日体大が流れを掴みます。57分にセットプレーからヘディングで合わせられ、あわや失点かと思われたものの、GK上田のビッグセーブで難を逃れます。その後も日体大が主導権を握り、本塾は相手のミスからカウンターを狙うという展開が続きます。そして73分、CKから押し込まれ、相手に先制点を与えてしまいます。なんとかして追いつきたい本塾は74分に松岡に代え関東リーグ初出場となった渡辺亘を投入します。しかし流れに乗ることが出来ないまま81分にも失点し、結果は0-2で敗戦となりました。
S__32285174

 

 

 

関東リーグ初スタメンの松岡

 

 

 

S__32285193

 

 

 

関東リーグ初出場の渡辺亘

 

 

 

前節筑波大学と白熱した試合を繰り広げただけに、今節は自分たちの力を発揮することが出来ず、悔しい結果となりました。そして、目標である「関東リーグ優勝」という道のりの険しさを実感した試合でもありました。第6節終了時点で本塾は12大学中11位と、厳しい状況に立たされています。しかし、「関東リーグ優勝」への道が閉ざされた訳ではありません。この目標の難しさは、部員全員が知っていたことだと思います。苦しい状況にあっても直向きに全員が自分たちに出来ることを全力で行い、勝ち点を積み重ねていきたいと思います。リーグ戦も本日で6試合を終え、前期の折り返し地点となりました。次節の相手は東洋大学です。今シーズンから1部に昇格してきたチームですが、決して油断はできません。部員全員が「当たり前を追求」し、万全の準備で試合に臨みたいと思います。今後共ソッカー部に温かいご声援を宜しくお願い致します。

文責 高橋美沙子

《NEXT GAME》
5月27日(土) 関東リーグ戦 第7節 vs東洋大学
@県立保土ヶ谷公園サッカー場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ