オフィシャルブログ

結果以上の価値(関東リーグ戦第5節)

2017.05.15

S_6089363193783こんばんは。
沖縄県で梅雨入りが宣言され少しずつ梅雨の足音が聞こえてくる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は5月14日(日)に味の素フィールド西が丘で行われました、リーグ戦第5節対筑波大学戦の様子をお伝えします。

前節、専修大学に勝利し連敗を止め連勝の流れを作りたかった本塾ですが、筑波大学は昨年のインカレ優勝という実績を持つチームであり厳しい戦いが予想されました。

前半開始から筑波大がペースを握り、攻め込まれる展開が続きます。本塾は近藤や杉本を中心にプレスをかけショートカウンターでゴールに迫りますが、中々決め切ることが出来ません。そんな中、29分に大きなチャンスが訪れます。手塚がアーリークロスを上げ、そのこぼれ球を杉本が拾い、左足を振り抜きますが惜しくも外れてしまいます。その後38分にCKをヘディングで合わせられますが上田のビッグセーブでピンチを免れ、前半を0-0で折り返しました。
1点を取りに行こうと迎えた後半でしたが本塾は安定しない立ち上がりとなり、再び押される展開となってしまいました。自陣でのミスのこぼれ球からドリブルで仕掛けられシュートに持ち込まれますが、北城のブロックにより難を逃れます。得点に繋がるシーンが中々生まれない中で、前線の活性化を図ろうと杉本から松岡に交代カードを切ります。すると本塾は徐々にペースを取り戻し、一進一退の攻防を繰り広げます。71分、CKから岩崎がヘディングシュートをしますが、クロスバーに嫌われてしまいます。その後も試合終盤にかけて、何とか勝ち切ろうと両チーム共にゴールに迫る白熱した戦いとなりました。筑波大の猛攻にも、本塾はGK上田とDF陣の固い守備によりゴールを許さず試合終了。0-0と勝点1を分け合いました。

S_6089363121704

 

 

ビッグセーブでチームを救ったGK上田朝都

 

 

 

 
昨年のインカレ覇者である筑波大学を無失点で抑えられたことは、今後熾烈な順位争いが予想される関東リーグを戦う上で、大変意義のある結果であったと思います。しかし私達の目標である「関東リーグ優勝」を果たす為には引き分けではなく、勝ち切ることが必須です。次節の相手は日本体育大学。昨年のインカレ準優勝校であり引き続き厳しい戦いが予想されますが、必ず勝ち切って、目標達成に確実に歩みを進めます。当日は是非会場に足をお運びください。今後共温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

文責 北嶋梨紗

《NEXT GAME》
5月21日(日) 関東リーグ戦 第6節 vs日本体育大学
@Shonan BMWスタジアム平塚 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ