オフィシャルブログ

オレのスタイル(鴻巣良真)

2017.05.05

鴻巣こんにちは。今回ブログ担当をさせていただく、総合政策学部3年鴻巣良真と申します。

時が経つのは早いもので、自分は3年生という上級生の立場となってしまいました。去年、一昨年と振り返ってみると、私自身試合に絡むことが出来ず、AチームとBチームを行ったり来たりする不甲斐ない2年間でした。ソッカー部に入学してから何も達成出来ていない私ではありますが、私のスタイルがあります。今回はそれについて知っていただこうと思います。

「オンリーワン」

「オンリーワン」とは誰にも負けない一つの武器という意味です。ソッカー部で活動していると、日々耳にする言葉です。「自分のオンリーワンを作れ。これだけは誰にも負けないというものを磨け」と須田監督は何度もおっしゃっています。そのお言葉の通り、私が入学してからの2年間、「オンリーワン」を持っている選手がリーグ戦に出場しています。その中でもプロの道に進む選手達は、さらに強力なものを持っていました。私自身、オンリーワンを持つことが試合に出場する近道であるとずっと考えていました。

しかし、私はオンリーワンと呼べるほどのストロングポイントを持っていません。対人が特に強いわけではない。足も大して速くない。技術が高いわけでもない。ヘディングが誰にも負けないわけでもない。何かに突出しているのではなく平均的なプレーヤーなのです。良い意味で言えばユーティリティー、悪く言えば自分に特徴がない。恐らく、ソッカー部内にも私と同じように思う選手が多く居るのではないでしょうか。私はオンリーワンがないことをすごく悩み、先輩や同期に話した事もあります。しかし、なかなか自分の進むべき道を見出すことが出来ませんでした。今まで13年間サッカーを続けてきて、強みを発見出来ないのは致命的だと感じました。

自分が上のレベルに行く為にはと考えた時、「弱点を無くす」という結論に至りました。強みが無いのなら、弱みを無くして隙のないプレーヤーを目指そう。一個一個弱点を無くしていくことで私はもっと強くなれると思いました。読んで下さった皆さんの中に、強みが無くて試合で活躍出来るのか、このやり方では厳しいのでは無いか、と思われた方は当然いるはずです。私はまだまだ弱点だらけのプレーヤーです。ですがこれからの毎日のトレーニングを全力で取り組み、1日1日を大切にしていくことで、チームの勝利に貢献し、私のスタイルは間違いでは無かったという事を証明したいです。

最後まで読んでいただききありがとうございました。

《NEXT GAME》
5月7日(日) 関東リーグ戦 第4節 vs専修大学
@味の素フィールド西が丘 11:30キックオフ