オフィシャルブログ

情熱は足りてるか(宮川類)

2017.04.25

宮川類こんにちは。平素より大変お世話になっております。環境情報学部2年の宮川類と申します。
今回は、私が普段から考えていること、そして感じていることを皆さんにお伝え出来たらと思います。

「人はどうやったら成功出来るのか。」

私はいつもこのようなことばかり考えています。朝が始まり、練習してから学校への移動時間も考えていますし、学校へ行き帰宅してからも同じです。テレビは付けません。もうここ数ヶ月ドラマやバラエティーは見てないです。ベッドの上で横になったり、地べたに座ったりしてボケーっと考えています。ときどき音楽をかけるのですが、長渕剛や尾崎豊の歌はとても良いです。人が在るべき姿、在るべき生き方を示唆してくれるからです。
さて、こんなに熟考しているのだから答えは出たのかと皆さんは思うでしょう。しかし答えはもちろん、出ないままです。惜しいところまではいきましたが、私が求める答えというのは、或いは、成功しなければ分からないのかもしれないです。長い道のりです。それでも尚、考え悩むことは止めません。成功したいからです。
世の中には、2通りの人間がいると思っています。元から備わっている才能やセンスでいとも簡単に成功出来る人間と、いくら努力を駆使して骨身を削ろうとも成功出来ない人間です。また、大概の前者は楽観的で失敗など屁にも思わず、後者はバカがつくほどの真面目であり繊細なのです。正直、後者の私からすると不公平で不平等だと思います。
「人間性」等関係ない。そんなことを何度思ったことでしょう。しかしそう嘆く度に、気付くことはいつも同じです。周りの人間や環境が問題なのではなく、本田圭佑さんが以前テレビで言っていた自分自身の「情熱が足りないだけ」なのだと。
私の今までの人生を振り返れば、成功する為の答えに近いものは自ずと分かっていたのかもしれません。サッカーの才能がこれっぽちもないこの私が、誰しも無理だと思っていたスペインの門を叩いて拓けたのも、私の周りの誰もが行こうとしなかった大学に挑んだら運良く功を奏したのも、全部ぜんぶ誰よりも情熱を持って取り組んでいたからこその結果なのだと。

今の私にとっての成功とは、勿論サッカーです。明日もまた、私はサッカーのことだけを考えているでしょう。自問自答を繰り返し、本気で成功しようと試みているでしょう。

成功する為には、人と同じ生活をし、同じことを考え、同じ努力をしていてはダメなのです。

長く拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
関東リーグ、そしてIリーグ共々チーム一丸となって闘います。今後共ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

《NEXT GAME》
4月30日(日) 関東リーグ戦 第2節 vs東京国際大学
@江東区夢の島競技場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ