オフィシャルブログ

先輩方の背中(奥田廉)

2017.03.31

奥田2旅立ちの春を迎え、日増しに暖かさを感じています。
平素より大変お世話になっております。今回ブログを担当させていただく法学部法律学科新2年の奥田廉です。今回はソッカー部の先輩の方々から得た経験をお話しさせていただきます。

昨シーズンは自分にとって非常に悔しいシーズンとなりました。ソッカー部に入部して早々、右足首の骨折と靭帯断裂をしてしまい、全治半年の大きな怪我をすることとなり、パラ参加(怪我人の練習参加の形態)を余儀なくされ、サッカーのプレーから離れることになりました。パラ参加の期間中はボールに触れられず、思いっ切り走ることが出来ない自分が情けなく焦りも感じていました。しかし、私はこの期間中に大切なことを学ぶことが出来たと思います。Bチームのパラ参加中、今年卒業された4年生の浅井さんと一緒になることが多々ありました。そこで仰った言葉とチームに対する姿勢が今も自分の中で残っています。それは「1日30分でもピッチ外でチームの為に働け、いずれ本当の意味でチームの為に動く大切さが分かる様になる」という言葉です。そうして誰よりも率先して4年生の浅井さんがチームに徹する姿を見ました。その姿から言葉では伝えられない感覚を覚え、浅井さんが復帰して、トップチームに入られた時は本当に嬉しかったです。
部員一人ひとりがチームに何が出来るか考え、行動する様な組織は、見る人にサッカーの感動だけでなくチームの魅力を伝えられる強い組織になると実感することが出来ました。

新入生が練習に参加してから約2ヶ月となりました。先輩の方々は非常に個性豊かで頼もしく、日々お世話になり引っ張ってもらっています。今の自分が憧れる先輩の姿に、自分も少しでも早く近づき、超えられる様に努力し、新たに入部する1年生に良い影響を与えられる様、精進していきます。

最後まで拙い文章を読んでいただきありがとうございました。今後ともソッカー部への温かいご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4月16日(日) 関東リーグ戦 第1節 vs法政大学
@味の素フィールド西が丘 14:00キックオフ