オフィシャルブログ

この悔しさを糧に(Bチーム)

2017.03.09

こんばんは。
Bチームは6日から鹿島遠征でTRAUM CUP2017 東日本 in SPRINGに参戦しており、本日で全日程を終えました。
予選リーグの結果、3日目からは決勝トーナメントに駒を進めることとなりました。遠征前半までで出た問題点を前日夜のミーティングで洗い出し、改善できるよう準備し臨みました。
3日目初戦の対戦相手は中央大学でした。中央大学は予選リーグの第1グループを全勝で勝ち進んできた強敵です。試合序盤から失点を許し、厳しい展開が続きますが、70分に宮川類(新2年・流通経済大学付属柏高)の本大会5点目となる得点でなんとか1点を返します。しかし必死の反撃も虚しく、1-5で敗戦しました。
中大戦

 

 

 

中央大学戦のスターティングメンバー

 

 

 

 

 

 

午後からは決勝トーナメント2戦目として関西学院大学と対戦しました。17分に牛岡佑輔(新3年・慶應義塾高)の先制点が生まれ、勢いに乗りたい本塾ですが、その後前半は続く得点は奪えず、33分には1点を返されてしまします。このままでは終われないと、ハーフタイムに5人のメンバーを変え、意気込んで迎えた後半。64分、この試合キャプテンマークを巻いた、安井迅郎(新4年・暁星高)の決死のヘディングから追加点を奪います。続く3分後にも新入生のシュートが決まります。このまま逃げ切りたい本塾でしたが、試合終盤に関学大の猛攻に遭い、3-3とされ、試合を振り出しに戻されます。そんな中、81分にペナルティーエリア内で相手にハンドの判定、PKでピーダーセン世穏(新2年・FCトリプレッタ)のシュートが決まり、このリードを守り切り、試合終了。乱打戦となりましたが、合計4-3で勝利を収めることが出来ました。
安井ピーダーセン

 

 

 

 

 

 

 

ゴールを決めた安井(写真左)、PKを成功させたピーダーセン

 

 

遠征最終日の本日行われた2試合は奇しくもどちらも日本体育大学との対戦となり、遠征2日目の悔しさを晴らすためともいえるリベンジマッチとなりました。
1戦目のフレンドリーマッチでは、前半はどちらも流れに乗ることができず、試合に入りきれない時間が続きます。木村健志(新3年・慶應義塾高)や堤惠杜(新3年・清水東高)を中心にサイドを使った攻撃を続けますが、0-0のまま前半を終えます。ハーフタイムで望月コーチの熱い声掛けもあり、全員で勝利に向けての気持ちを再確認し、後半を迎えます。後半に入り、前半よりもゲームのテンポが上がり得点のチャンスも多く作り出しますが、僅かに決定力が欠けるようなプレーが続きます。そんな中、56分に日体大に一瞬の隙を突かれ先制点を許すと、その1分後に立て続けに失点を喫します。新入生の体を張ったプレーなど、勝利に対する貪欲な気持ちも実らず、0-2でゲームセットとなりました。
4日目 フレンドリーマッチ_14日目 フレンドリーマッチ_35

 

 

 

 

 

 

 

フレンドリーマッチのスターティングイレブン(写真左)、ドリブル突破を試みる木村(写真右)

 

 

2試合目の5位決定戦では、序盤に2失点を許し、相手ペースで試合が進む、苦しい展開になりました。前半を0-2で折り返し、ハーフタイムでは全員で顔を上げ、後半に臨みました。58分に小山怜央(新3年・桐蔭学園高)の待望の得点が決まり、その後も渡辺恭平(新4年・新潟高)や宮川類がシュートまで持ち込む展開を作り出し、息を吹き返したと思いきや、試合終盤にまた失点を許してしまいます。88分に宮川類のシュートが決まりますが、反撃もここまでとなり、合計2-5で悔しい敗戦となりました。
決勝トーナメントの順位決定戦の結果、今回の鹿島遠征は本塾は第6位という結果に終わりました。試合結果の詳細は試合速報ブログをご覧ください。
日体大戦山浦

 

 

 

 

 

 

 

5位決定戦のスターティングイレブン(写真左)、90分間チームを鼓舞し続けた山浦(新3年・都立西高)(写真右)

 

 

前回のブログでも紹介しましたが、今遠征は「チームの戦術を明確化し、自分で考えてプレーすること」、「それぞれを助け合うプレー」の2点を軸として、試合を組み立ててきました。このテーマについて遠征という普段の下田での練習とは異なる環境でサッカーについて1日中考え続けること、このサッカー漬けの環境での充実度は遠征でしか得られないものであることを強く感じました。この4日間で悔いの残る選手も多いと思いますが、春のIリーグ開幕に向け、ここで得られた課題について真摯にこの後の練習でも取り組み続けます。Iリーグで1回りも2回りも成長した姿をお見せ出来るよう、また少しでも多くの選手がTOPチームに絡む活躍をお見せすることの出来るよう、Bチーム全員でこれからも練習に励んでまいります。

今後共、ご声援の程宜しくお願い致します。

文責 高松由佳子

《NEXT GAME》
3月22日(水) 天皇杯予選 準決勝 vs駒澤大学
@国士舘大学町田キャンパスサッカー場 13:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ