オフィシャルブログ

信念(木南諒)

2017.02.25

本田

平素は大変お世話になっております。日々素晴らしい環境で活動出来ていることに感謝申し上げます。この度初めてブログを担当させていただきます、経済学部新2年の木南諒と申します。今回は私の大学サッカーに懸ける想いを綴らせていただきます。

センター試験を1週間前に控えた2016年1月11日、私の所属していた國學院久我山高校サッカー部は、全国高校サッカー選手権大会において埼玉スタジアムで行われる決勝戦まで勝ち残りました。決勝戦では東福岡高校に敗れて日本一を成し遂げることは出来ませんでしたが、史上初の全国高校サッカー選手権準優勝を成し遂げました。私もサッカー部の一員として純粋にチームが勝ち進んで行った事を嬉しく感じていました。しかしチームが勝ち進んでいく一方で3年間を通して1度もトップチームに入ることが出来ずに、スタンドで応援をすることでしかチームに貢献出来ないことに不甲斐なさ、無力さを感じていました。私は高校3年間で勉強と部活の両立を目指してサッカーをやり切ったと自分の中で自分に言い聞かせていました。しかしそれは自分の中で自己正当化をしていただけであり、後悔がないと言ったら嘘になります。そして大学生になり、ソッカー部でもう一度本気でサッカーに打ち込める今を、私はラストチャンスだと感じています。

「大学4年間を通じて高校3年間で味わった悔しさを晴らし、一花咲かせたい」

これが今私が感じている素直な気持ちです。ただ昨年の1年間はIリーグに出場することも出来ず、Iリーグ、関東リーグに出て活躍する同期をただ見て、応援をすることしか出来ませんでした。高校3年間で1度もトップチームに絡むことのなかった私が、大学サッカーで一花咲かせることは極めて難しいのかもしれません、しかし、このような時私には必ず思い出す詩があります。これは久我山でトップチームに入れずに腐りかけていた時に出会ったナポレオン・ヒルの詩なのですが

もしあなたが負けると考えるなら、あなたは負ける。
もしあなたが駄目だと考えるなら、あなたは駄目になる。
もしあなたが勝ちたいと思う心の片隅で無理だと考えるなら、あなたは絶対に勝てない。
もしあなたが失敗すると考えるなら、あなたは失敗する。
世の中を見てみよ。最後に成功を願い続けた人が成功しているではないか。
全て「人の心」が決めるのだ。
もしあなたが勝てると考えるならあなたは勝つ。
「向上したい」「自信を持ちたい」と、もしあなたがそう願うのならあなたはその通りの人になる。
さぁ、再出発だ。
強い人が勝てるとは限らない。又、すばらしい人が勝つとも限らない。
『私はできる』 そう考える人が結局は勝つのだ。

私は自分に壁にぶつかり自分に負けそうになる時、必ずこの言葉を思い出します。高校3年間を通じて感じた自分自身の無力さ、不甲斐なさを克服するためには自分自身の成功を信じ努力を続けるしかないと思っています。そのために残り3年間となった大学生活、自分自身の信念を貫き通し日々成長していきます。
最後まで拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ