オフィシャルブログ

感謝の気持ちを結果で(江本優貴)

2017.01.27

江本

こんにちは。平素より大変お世話になっております。今回、ブログを担当させていただくことになりました、総合政策学部新2年の江本優貴です。ソッカー部での1年目はあっという間に過ぎ去り、早くも2年目を迎えようとしています。日々、充実した素晴らしい環境で活動させていただいていることに感謝申し上げます。
今回は、昨年度私が所属していたBチームの4年生への感謝と今年の決意について述べさせていただきます。

昨年、BチームはIリーグ全国大会出場という大きな目標を掲げ、日々の練習に取り組みました。1年の間にはチームの調子が良い時もあれば、悪い時もあります。4年生はどんな時でも先頭に立ち、チームが緩くなった時にはこのままじゃダメだと私たちを鼓舞し続けてくれました。そして、チーム内で不満が出た時には選手主体でのミーティングを企画し、Bチームをまとめ上げてくれました。個人的にもプレーに関してたくさんのアドバイスをいただき、技術的にも精神的にも成長できた1年になったと思います。そんな大好きな4年生と全国大会出場を決めて恩返ししたかった。しかし、全国出場をかけた最終節の週に自分は怪我をしてしまいました。自分が出ていたら結果は違っていたかもとは思っていませんが、チームの力になれなかったのが本当に悔しかったです。4年生の涙を見て、本当に申し訳ないと思いました。

そんな4年生はBチームだけでなくソッカー部にも大きな役割を果たしていました。私は日吉に1人暮らしをしているため、夜も下田にいることが多いのですが、新しく関東リーグのメンバーに入った選手を鼓舞するゲーフラ製作は応援隊長を務めた浅井くんを中心に夜遅くまで行われていました。また、大事な大会の前は自分がメンバーに入れない悔しさを抑え、仲間を鼓舞するDVDまで用意していました。夜の下田には、皆の知らないところでチームのために尽くす4年生の姿がありました。そんなBチームの4年生が、最後関東リーグに出場した時には本気で応援したいと思えました。

昨年のシーズンイン、主務を務めていた冨田くんからこのようなお話があったのを覚えています。
「慶應にはセレクションが無いから大勢の部員が存在する。練習環境を整えるなら人数を減らした方が良いかもしれない。ただ、全部員が同じ方向を向いて全力を尽くせばその分どこの大学にも負けない大きな力を発揮出来ると思う。」
関東リーグ優勝、Iリーグ全国大会出場という大きな目標を達成することは出来ませんでしたが、自分に出来ることを考えてチームのために全力を尽くすことの大切さを、そして慶應ソッカー部の伝統を4年生が示し続けてくれました。そして数え切れないくらいたくさんのことを4年生の姿から学びました。そんな4年生に恩返しをしていきたいと強く思います。

昨シーズンまでの主力であった4年生が抜け、間も無く新チームが始動します。
「今年こそはタイトルを取る」
須田監督がおっしゃっているこの目標の達成のために努力し続けます。そして、卒部していった4年生への感謝の気持ちを結果で示したいと思います。

拙い文章になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今シーズンも温かいご声援の程、宜しくお願いします。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ